雨の日は雨を愛す。

人生、晴れの日ばかりじゃないから、雨の日は雨を楽しむ。感謝する。
2014年に透析ライフがはじまった、言うことだけは綺麗で一丁前なぼくの透析ブログなのデス。フフーン。

2017年12月

2017 京都旅行(2日目)

2日目。クリスマスイブ。
先生の55回目の誕生日w。

朝イチから先生からお小言を頂戴しマス。
いわゆる(恒例の)寝言チェック。
ワタクシは黙って寝ることがどうしてもできないらしい(笑)

先生曰く、今年はいつにも増して、長く、うるさかったとか。
しかも内容が年々ひどくなっていくとか。

ちなみに昨夜は

「ねぇすごい!
 このサファイヤ、粒あんで出来てるんだって!(意味不明)

(寝返りを打って腕を壁にぶつけて)
「痛ぁい!指が取れた! あー!指が川に流れていった!」
「明日、駅できいてみる」




・・・・・・。
さて、気を取り直して、っと。

チェックアウトし、荷物をホテルへ預けたら、
まずはいつもの三十三間堂へ。

ここと八坂さんだけは、この8年、欠かさずにお参りに来ております。
そして二人で、ここのおみくじを引くのもまた恒例。
ボクはほかでは、ほぼおみくじをひきまセン。

なんというか、ここのおみくじだけは毎回、
なにかピンとくるものがあるのですよ。色々と。

そしてなぜか。なーぜーかっ!
毎回ここのおみくじはボクに同じようなことばかり言うのデス。

一昨年「もっと謙虚に自分を見つめてください」
昨年 「自己中心的な恋愛は控えてください」

今年 「すべて慎み控えめにして益々よろし」


ボク、どんだけ?
一体、どんな目で仏様に見られてるの????

そのあとは、久しぶりに知恩院へ。
IMG_1395

IMG_1396
 
そこから円山公園を抜けて八坂、高台寺へ。
とくに理由はないのですが、これまでずーっと素通りしてきたので、
今年は行ってみようかなと。

まずは北政所が晩年を過ごした、高台寺の塔頭「圓徳院」。
ここの庭は知ってる人も多いはず。

「しばらくほっといて。俺に話しかけるな」と
無言でボクに語りかける先生の背中。
IMG_1402
・・・まぁここに限らず、こういう背中をしょっちゅうボクにするのデスガ。
 
紅葉真っ盛りのシーズンにはこんな感じになるそう。
entoku00e

そのまま高台寺へ。
思った以上に境内は広く、そして坂!
北政所が眠っている御廟や、
有名な茶室「傘亭」「時雨亭」を見たらもうクタクタ。

境内にオープンした高台寺カフェで休憩。

なにげに、うまかったエンゼルケーキとチョコレートサンデー。
IMG_1407


そういえば、昨日
先生に今年もまたクリスマスプレゼントを戴いたのですが、
ある程度  覚悟  想像してた通り、今年もまたスワロフスキー。
IMG_1415
先生自身が光りものを好きなのか、
ボクが光もの好きと思われてるのか、
8年たってもいまだに不明なのですが、ありがたく頂戴いたしました。

なんだかんだとまた1年、使いたおします。


閑話休題

このまま、二寧坂、三寧坂をブラブラしたついでに、
これまた久しぶりに清水寺にも行こうかと。
IMG_1409

清水の舞台はただいま改修中でこんな感じ。
IMG_1408
                        
最後は八坂神社にお参りして〆。

今回は早めに帰京して東京で食事してから帰ろうと思ったので、
京都を16時過ぎの新幹線で。

朝ホテルの朝食を食べ過ぎたり、
途中で甘いもの食べたせいで、昼食は抜き。


18時半に東京着。
さて、夕飯はどこにしましょー。

どこでもいいけど、疲れたからあんまり歩きたくないよね。
かといって、
誕生日だし、イブだし、駅地下で蕎麦とかカレーってのもねーw
ん-、どーしよっか。

そだ。大丸行こう、大丸。
なにかにつけ、駅直結を好む  グウタラな  合理的なワタクシ。

で、東京大丸8Fのイノダコーヒへ。

先生は
クリスマス限定メニューのステーキハヤシライスとビール。
IMG_1413
 
ボクは、いつものアイスコーヒーとボルセナ。
IMG_1412

うまいわー。ホント、うまいわー。

京都へ行っておいて、イノダに見向きもしないくせに、
その帰りに東京駅でわざわざイノダコーヒって!

なんてファンタスティックなボクたち!イェーイ! 


先生のスケジュールの都合で1泊でしたが、
今年もなんとか行くことができました。

先生は毎年「これが最後のボランティア」といいますが、
(え?先生のお祝いに行ってるのに、なにその逆目線)
まだ死なねーから。
   


よかったらクリックお願いしマス。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

2017 京都旅行(1日目)

なわけでありまって、
飽きもせず、今年で8回目の
カミュ先生バースディ@京都デス。
 

恒例の3時起き弁当(笑)。今年はこんなので。
IMG_1370

(上段)銀ひらすの西京焼き・三つ葉入出し巻卵
    唐揚げ・海老の含め煮・黒豆・紅白なます
    銀杏・ポテトと人参の牛肉市松巻き

(下段)そぼろご飯
    煮物(筍、牛蒡、里芋、人参、紅葉麩)

で、朝6:30発の新幹線で京都へ行き、
そのままホテルに荷物を預けてすぐに出発。

ちなみに、毎年泊まってたグランヴィア京都ですガ、
今年は土日ということもあって、いつもの部屋が1泊52000円!
寝るだけだし・・・・・今年はヤメタ!
で、駅の反対口。もうひとつの駅直結ホテル、近鉄京都ホテルに宿泊。
こっちはほぼ半額(笑)。

で、まず向かったのが、2年前国宝に認定されたばかりの
「石清水(いわしみず)八幡宮」。
大分の宇佐神宮、鎌倉の鶴岡八幡宮とともに、日本三大八幡宮の一社でありマス。

京都から電車を乗り継ぎ八幡市へ。ここからはケーブルカーに乗ります。
その名も「男山ケーブル」!よっ!男山っ!
IMG_1375

IMG_1378

山頂駅から、ゆるやかな坂道をさらに登っていきますと、参道に出ます。
IMG_1379
人も少なく、なんか神域っぽさが溢れてマス(笑)
 
本殿前にそびえる山上の玄関口「南総門」。
IMG_1380

そこを抜けると「八幡造り本殿」 
IMG_1387
本殿の正面には、ここのお正月の風物詩である
「ご神矢」がズドーンと立てられてマス。長さは8メートル。


折しも本日は天皇誕生日。
ここ石清水八幡宮でも「天長祭」が行われておりました
IMG_1389

本殿前の木製の角錐状の登り段なのですが、これはお正月仕様で、
普段はこんな感じで、石段になっております。
7c579_0002856074_1

お正月は初詣にすごい人数が参拝に来るので、
年末年始だけ、大勢が上がれるようにこの石段を覆い尽くして、
全方向から上がれるようになっているのデス。

ちなみに、
このお賽銭箱の奥の拝殿に向かう赤い階段は、
ご参拝に訪れたご皇族しか昇ることができないそう。
一般の参拝客は賽銭箱の前でお参りするか、
あるいはぐるっと本殿の左に回り、そこの階段から昇殿しマス。

ボクらも横に回って左の階段から昇殿参拝をしました。
まずは舞殿でお祓いをしてもらってから、本殿を前に参拝。
その後、ご神職による由緒説明や社殿の見どころなど、
国宝の社殿内部を案内してもらいマス。これがすごく面白い。

内部は写真厳禁なので、これは参考資料で。
織田信長が贈った「金の雨どい」(当時のものそのまま)
p22_03

昇殿参拝記念にいただいた鳩のストラップ。
(八幡様のお使いは鳩デス)
IMG_1417


その昔、京の都をおさめるにあたって、朝廷は北東の鬼門に
比叡山 延暦寺を置き、鬼門封じとしました。
そしてその反対方向である南西の「裏鬼門」を守るのが、
ここ石清水八幡宮です。

さらに、この石清水八幡宮そのものの鬼門を封じるために
本殿では面白い手法が使われています。

本殿の石垣部分。北東に当る「角」が削られております。
IMG_1385
 つまり鬼門(鬼の入り口)自体がないので、鬼が入れない(笑)。
これもまた「鬼門封じ」。
京都御所なんかも、この手法が用いられてます。

さて、今回はいつもと趣きを変え、
このあとは市内に戻り、ひたすらブラブラと散歩をしましょうと
いうことになりましたので、ホントにひたすらブラブラ。

途中、三条の御幸通の食堂でランチ。

メインを8品の中から好きなものを2品チョイス。
ご飯、パン、味噌汁、サラダは取り放題。
ボクは、ハンバーグとチキンタルタルをチョイス。
サラダは、水菜とわさび菜とふかしたお芋、里芋の煮物がおいしくて
何度もお代わり。
IMG_1391
これで1080円って!!! 

そのまま円山公園、八坂、祗園をまたブラブラすること5時間。
IMG_1393
いい加減疲れたきたノデ、ボクは一足先にホテルへ。

先生は京都の友人に会いに鴨川沿いの喫茶店へ。

2時間後、京都駅で待ち合わせして、そのまま駅隣接の
伊勢丹のレストランフロアで夕飯。

足に湿布4枚貼って、爆睡。

(続く)



よかったらクリックお願いしマス。↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

ウナなアレ

東西線を使って日本橋まで通勤しているのデスガ、
以前はそんなことなかったのに、ここ最近、
「飯田橋」が『新潟市』に聞こえるようになって、
いい加減、ヤバイかなーって感じ始めまシタ。 



こんにちわ、ぼくデス。


な訳で今日の夕食はコレ。 
IMG_1367
なんか思いっ切り不自然な、うな丼。 

そう、これ、アレですよ。
マツコの知らない世界とかでもやってた、 
うなぎそっくりの練り物、「うな次郎」。

300_5519

裏側なんかちゃんと皮が付いてて、
すっごく頑張っているわけなのですが。
IMG_1369

 
 これ、バカにしたもんじゃないのデス。
レンジでチンして、付属のウナギのタレと、山椒をかけると、

いやはや、ビックリ。

日本人って、日本の企業って、
こんなすげーのか!!!


ウナギそのもの!とはいかなくても、
かなりウナギに近づいているのデス。 

いや、もっとぶっちゃけ言うと、
うな次郎とわかって食べてるから、なるほどね、ってなるケド、
これ、例えば「う巻」かなんかに調理して黙って出されたら
多分、騙される(笑)
5204


しかも、本物よりも脂っぽくないから胃もたれもしなさそう。
(いや、ウナギ好きなんだけど、最近脂がしつこく感じるようになってw)


酒のおつまみに「うざく」風
5585

子供のお弁当に「ウナギおにぎり」風
5193

見た目もさることながら、味も美味しいよ、ホントに。

ぶっちゃけ、
スーパーの中国産のウナギよりも、よっぽど気に入りまシタ。 

ホント、騙されたと思って一度ぜひお試しを!
スーパーでかまぼことかの売り場に置いてありマス。

で、子供とか旦那とか騙しちゃってYO!(笑)。

いや、ホント、感心、感心。
カニカマだけじゃないのよ、日本の練り物の技術は。

 タレ・山椒も付いて、お値段328円(税抜)!!

どうよ、奥さん!!!


 
プロフィール

ぴぃ