雨の日は雨を愛す。

人生、晴れの日ばかりじゃないから、雨の日は雨を楽しむ。感謝する。
2014年に透析ライフがはじまった、言うことだけは綺麗で一丁前なぼくの透析ブログなのデス。フフーン。

2015年12月

2015 京都旅行 その④(3日目)

こんにちわ、ぼくデス。

なわけで、3日目。
とは言っても、今日のは透析があるので、
夕方までに東京(病院)に帰らないといけないので、
あちこち行ってる時間はありまセン。

なので、最初から最後の日は、
ゆっくりと三十三間堂へ行って帰りましょーと決めてまシタ。

ボクら二人が京都で一番好きな場所。
この6年間、一度も欠かさずお参りしてるところデス。
33
正式名称は「蓮華王院本堂」

いわずと知れた、10段の階段状の長大な仏壇に安置された、1,001躯の千手観音立像。
そして、頭痛封じのお寺としても有名デス。
caption

で、三十三間堂でも毎年、おみくじを引きマス。
ボクら、なんだかんだと、結構あちこちでおみくじを引きますが、
二人にとって、ここのおみくじが毎年、かなり的を射ているような気がするのデス。
今回は、先生が吉。ボクが中吉。

・・・・・セーフ。

でもって、この後、
すぐお隣にある「養源院」へ。
養源院

ここにあるのが、俵屋宗達筆と言われている杉戸絵。
毎年京都に来ているのに、実はここは初めてデス。

淀殿が創建し、その後、落雷で焼失し、
お江・秀忠が再建したお寺デス。

まず玄関を入るとすぐにあるのが宗達の杉戸絵「唐獅子」
しし1

そしてその先にあるのが「白象」
象

入り口の杉戸絵「唐獅子」の裏には「麒麟」が描かれていマス。
首が長いアレじゃなくて、キリンビールの方の麒麟ね。
f0190950_15111410
ちなみに、麒麟っていうのは
オス(左)を麒、メス(右)を麟といい、雌雄で「麒麟」というそうです。
鴛鴦(おしどり)もそうですよね?確か。

これで今年の京都は終わり。
そのまま駅まで戻ったのデスガ、新幹線の時間まで
まだ1時間ほどあったノデ、先生んとこのミニコンポの調子が悪いというので、
京都駅に隣接しているビックカメラに、値段のリサーチに。

すると。

うわー、安い!特価だって!
東京帰ったらこれ買う?いいよ、お誕生日のプレゼントに買ってあげる。
あ、待って。ネットで買えば送料無料だしー。
(その場で検索)
ありゃー、東京の店舗はお取り寄せだってー。1/15以降になるってー。

と、ここまで一気にボク一人で喋っていましたら、先生が一言。

「・・・ここで買って、持って帰る」。


・・・・買いましたよ。
京都で!コンポを!!
コンポ

ボクが昨日、朝からまな板を買った時、
あなた、「バカじゃね?そんな重いもの買って」とかって好き勝手言ってくれましたよね?
そっくりそのままの言葉を、返してやりましたよ!
(心の中で)

で、正午発の新幹線で東京へ。
ボクはそのまま病院に直行(カバンとまな板持って)。

先生は翌日には九州の実家に帰省。

なんだか慌ただしい年末でシタが、
今年もなんとか楽しめまシタ。

皆様も良いお年をー。


 


 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

2015 京都旅行 その③(2日目 後半)

こんにちわ、ぼくデス。

なわけで、二日目後半。
車折神社を出た後、また嵐電に乗って、太秦へ。
もちろん太秦撮影所ではなく、
京都最古の寺である、広隆寺へ。
広隆寺

広隆寺といえば、本尊・木造弥勒菩薩半跏像(宝冠弥勒)。
国宝指定第1号でありマス。
弥勒

じっくり拝んだ後は、嵐電とバスを乗り継いで祇園へ。
まずはこの6年、一度も欠かしたことのない八坂さんに。

ここで毎年、おみくじを引きます。

カミュ先生→→→→→→凶。

ボク→→→→→→→→→→→凶。

321545のコピー
嘘でしょ・・・?


そして八坂さんにくるたびに、ボク、
強制的に八坂さんの境内社の一つに連れて行かれます。
化粧
末社「美御前社」。
ここには美人の誉れ高き宗像三女神がお祀りされています。

そして社殿前に湧き出ているのが、
2,3滴を手にとって、顔に塗ると、
お肌はもちろん、心まで綺麗になるという神水「美容水」。
化粧1
ボク、毎年ここで顔を洗わされるのデス。
初めの年こそ、2,3滴を塗ってたのですが、
「効き目が一向に現れない!顔を洗え!」と言われるままに。

いくら今年は暖冬とはいえ、年の瀬、しかももう日が沈みかけた夕方。

あー、手にも顔にも、冷たさが沁みるワァァァ。(もうそろそろ許してくだサイ)

それから、産寧坂、二寧坂を通って清水寺(の前)へ。
なのに、参拝しないで、
再び二寧坂、産寧坂を通って八坂さんへ戻るという、ただの散歩コース。

そのあと、先生お気に入りの、先斗町をブラブラ歩いてから、新京極で夕食。

京都駅に戻り、部屋に帰る前に、京都駅のツリーに。

改札口から見上げるとこんな感じ。
ツリー2

駅ビルの最上階から見下ろすとこんな感じ。
ツリー
ガラスの外壁に映って、ツリーが二本に見えマス。


もうこの大階段は、カップルだらけ。

呪われろ!!!!

いや、そこまでは言わないケド、
お前ら、さっさと自宅に帰って、家族と過ごせや!!!
バーカ、バーカ。

明日も早いので、この日は24時に就寝。

 


 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

2015 京都旅行 その②(2日目 前半)

こんにちわ、ぼくデス。

なわけで、二日目。
今日は北野天満宮で1年最後の天神さんの縁日、「終い天神」が立っているので、
朝7時に起きて、朝食を食べたらバスで北野天満宮へ。
屋台の他に、カズノコやしめ縄、〆飾り、生花など正月用品を商う店でがいっぱい。
骨董品を売ってるお店もてんこ盛り。
例年、約千数百軒の出店があるそうで、こいつは賑やかだー。
終い天神 天満宮

なのですが、今年の京都はなんだか全然寒くない。
やっぱ暖冬だねー、と言っていたのですが、
天神さんといえばやはり梅ですが、このド年末に
紅白の梅が咲いているのにはビックリ。
梅

受験生らしき人もいっぱい参拝してました。
が、ボク、ヂツは、すでにすっごくアッタマいいので、
学問の神様へのお参りもそこそこに、
並び立つ屋台に迷わずダイブ。

門前で買った煎りたての銀杏をパクつきながら、
ウロウロしてましたら(カミュ先生は喫煙所で休憩中)、
なんだか心惹かれるものを発見。
まな板

竹のまな板。
竹のまな板は水キレがすっごくよくて、
匂いもつきにくいそうで、
お店のおバちゃんと話してるうちに、
気がついたらご購入。3500円→2400円。

朝の9時。これからこれ持って1日、京都市内を歩くことを忘れてまシタ。
ナンテコト!ナンテコト! 重いのなんのって。

終い天神を堪能した後は、久しぶりに龍安寺に行ってみようとバスに乗車。
石庭
ここはもちろん石庭が有名ですが、
もう一つ、ぜひ見ておきたいのがこれ。
侘助
「侘助」
龍安寺の方丈の東の庭にあるこの椿は、
豊臣秀吉が絶賛したといわれる「日本最古の侘助椿」なのです。

ちなみに、龍安寺に行くと廊下(縁側?)に座って石庭を眺める人が多いですガ、
実は、この庭は、部屋から立って見るために作られたといわれていマス。


そのあと、10分ほど歩いて、嵐電の龍安寺駅へ。
そこから嵐電に乗って、「車折神社」へ。
車折と書いて「くるまざき」と読みます。
 
車折
ここには、あらゆる願いを叶えてくれる神石「祈念神石」のお守りがありマス。
金運、商売運、厄除け、良縁、なんでもござれな石のお守りデス。

大抵の人は、毎日、肌身離さず持ち歩く用の「お守り型」の祈念神石を贖うらしいのですが、
ほら、ボク、ご存知の通り、
すっごく控えめで慎ましやかな、欲のない人間ですノデ、
祈念神石の入ったお財布をいただきました。
財布

もうすでに良縁にも健康運にも見放されてる感いっぱいなので、
今更そんなものを祈念するよりも、
ここはまっさらで欲のないボクですので、あれもこれも叶えて!ではなく、
もう、お金に一点集中張り!!!

キレイなボクが言うと説得力ないかもしれないデスガ、
世の中、キレイゴトばかりじゃないのよ。
とどのつまりはお金。これでしょ、やっぱ!!!
これに年末ジャンボ入れて、神棚に供えるのダ!
ボク、年明けには大金持ち!イェイ!


で、この車折神社の境内にはもう1社、お社がありマス。
 
芸能
「芸能神社」
ここの玉垣には、有名人の名前がぎっしり!
というわけで、先生と二人でここにもお参り。
やだ!来年はハリウッド?


あ、高橋大輔の玉垣もありまシタ!(だからなんだっていうの?)

(続く)

 


 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

2015 京都旅行 その①(天橋立〜籠神社)

こんにちわ、ぼくデス。

なわけで、今年も恒例の
クリスマス&カミュ先生バースディで
京都へ行ってまいりました。
もう6年目(笑)


でもって、これまた恒例の朝3時起き弁当(笑)
弁当
 (左上から)
・鰆の西京焼き
・ナスとピーマンの味噌炒め
・里芋とレンコンのごまサラダ
・鶏肉の牛蒡巻
・牛ヒレステーキ
・だし巻き卵
・海老チリ
(ご飯)
カニの炊き込みご飯

そんなこんなで、
東京駅6:30発の新幹線で京都へ。

で、京都から特急「はしだて」で天橋立へ向かいマス。
はしだて

特急でも京都から2時間。
結構遠い・・・・・。
片道でも一人約5000円。(手帳使って3500円)

天橋立駅からフェリーに乗って向かったのが、
今回の最初の目的地、元伊勢・「籠神社(このじんじゃ) 」

天橋立の北の付け根に鎮座する、丹後一宮の社デス。
籠神社0

鳥居をくぐり参道を抜けると神門。
籠神社2

本殿。
籠神社1


この籠神社、伊勢と同じ神明造なのですが、
本殿高欄上に、「五色の座玉」という飾りがありマス。
五色とは、五行を示す、青(緑)・黄・赤・白・黒の五色。

この五色の座玉は、
伊勢神宮の御正殿と、ここ籠神社のみにだけ
許されているものだそう。
座玉
 

参拝を済ませたら、籠神社の裏参道を進み、少し登るとあるのが
奥宮・「真名井神社」
真名井1

小さな本殿の真後ろに大きな磐座(いわくら)があります。
(むしろ、磐座を直接見ないように本殿ができたような気がしマス)

この磐座、天照大御神、そしてイザナギ・イザナミを祀り、
さらにその奥の磐座には豊受大御神を祀られています。

つまり、日本を作ったイザナギ・イザナミと
伊勢神宮の内宮外宮の主祭神を祀っているというすごい場所で、
実に2500年前からそのままの形で祀られているという、古代の祭祀場だとされていマス。

せっかくここまで来たのだから、とついでに
日本三景の天橋立観光もしっかりしようと、
籠神社に戻り、ケーブルカーで笠松公園へ。

なるほど、絶景。
天橋立1

小1時間ほど景色を堪能した後、またフェリーで天橋立駅へ戻ります。

駅の近くにある、日本三文殊のひとつ「知恩寺」にも参拝。
文殊

また2時間かけて京都へ戻り、
恒例のグランヴィアにチェックイン。

散々歩いて、足が痛くてたまらないノデ、
誕生日にもかかわらず、駅前の居酒屋で夕食。

帰りに伊勢丹地下で、クリスマスケーキならぬ
バースディケーキを買って、ホテルで無理やりお腹に詰め込み就寝。



あ、先生からクリスマスプレゼントもらっちゃいまシタ。
今年もスワロフスキーのペンダント(笑)。
1

それと、もう慣れましたが(というか諦めていますが)、
今年もおべんとう、ひっと言も「美味しい」とか
そういうのありませんでシタ。

まずいの? ねぇ、まずいの???????



 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

年賀状

洋服の2Lとか3Lのことを
これから、2Love、3Loveと言おうと思うの。
fbotero


こんにちわ、ぼくデス。

なわけで、あっという間に年の瀬。
もう年賀状、書き終わりましたか?

ヂツはボク、この10年間、
通常の年賀状100枚とは別に、
レア年賀状というのを毎年限定5枚だけ作っておりマス。

これを送る人は、この人は特別とか、とくに仲がいい!とか
そういうんじゃなくて、
ありていに言ってしまえば、何でもアリな人。
こっちのバカをほぼ100%受け入れてくれる
一般通念を外れた 寛大すぎる人に送ってマス。
いわば、同類(笑)。

でもって、レアを作るのには自分で幾つか条件をつけてマス。
① その年のネタを題材にする。
② 自分の顔写真を貼り付け(合成)する。
③ ド素人が作ったように、ドヘタに作る。

③が特に大事。
ここでフォトショップを駆使して
綺麗に合成しちゃうと、途端に面白く無くなるのです。ボク的に。

あたかも子供がイタズラで、写真を切り貼りしたかのようなものを作る。
ド素人でもこんな合成下手じゃないでしょ?くらいな
クオリティの低さが、真骨頂。
(もう言ってることが自分でもわかんない)。

なわけで、なんだかんだと、作り始めてから10年たちまシタ。


というわけで、
以前に作ったものを、もう時効ってことで、幾つか。

2009年「資生堂〜TSUBAKI』
ブログ09レア1



2010年「仁〜Jin』
ブログ10年レア



でもって、問題は来年のレア賀状。
とにかく困った。
何もない。
これだ!ってものが今年一年、特になかった。
インパクトがあったものとして、
エンブレムのこいつも一瞬、候補に上がったのだけど、
sanokenjirou_o

こいつの顔に自分の顔写真をかぶせるのが
どうしてもイヤ!!!!

な訳で、今日いちにちガンバって考えマス。

たった5人のために毎年ここまで頑張るボクって、
なんか聖人!!!クリスマス近いだけに。


 


 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

クリスマスツリー

当時、ユーミンという歌手にも楽曲にも興味がなったボクは、
CMとかで流れてくるこの一節だけを、聞きかじりで歌ってまシタ。

♪ 恋人はサンタクロース
  すね毛の濃いサンタクロース

なんで、疑問に思わなかったんだろう?



こんにちわ、ぼくデス。


なわけで、クリスマス、もうすぐでつね。
というわけで、何年ぶりかに、玄関に小さなツリーを飾りまシタ。
 
ツリー

先月、奈良の吉野へ行った時に、
カミュ先生にいただいたものデス。

このツリーと蓋付コーヒーカップをいただきました。
待ち合わせの東京駅で!

今からボクたち、日帰りとはいえ旅行に行くんだよね?
新幹線乗って、結構遠くに行くんだよね?
なぜ今日!? なぜここで!?
なんてことは顔にも態度にも微塵も見せませんでしたが、
ボクのアタマん中には、「?」がグルグル。


「わー、ありがとう!嬉しい!(でも、今?)


プレゼント貰えるとは実際思ってなかったノデ、
新幹線の中で、ちょっとテンションあがるボク。

「まさかプレゼント貰えるとは思ってなかった!
 (もう誕生日からひと月以上たってるから)

そう言いますと、
「あ〜? ちゃんと誕生日当日に
 お祝いメールも送ったじゃんか」と先生。


えっとぉ。
あなたの言ってるお祝いメールって、
9/29に送られてきた、このメールのことですか?


「無視すると、死んでから祟られそうだから
 一応メールしとく」

っていう、このメールのことですか?

でもって、その後に続くこの一行。

「俺はめでたくないけど、一応
 ハッビーブ〜スディ」


見間違えじゃないですよね?
打ち間違いじゃないですよね?
これ、わざとですよね?


ハッビー〜スディ


ボク、オトナなノデ、全然気にしていませんガ、
あなた、去年もその前の年も、こう書きましたよね。

いいんです、いいんです。
ボク、オトナなノデ、まったく気にしていませんから。



そんな先生の誕生日も、もうすぐですね。

12月24日生まれ。

ホント、こういうところが憎ったらしい。
出来過ぎ。



 


 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

冬枯れ・ドライウエイト

1000年に一度の春に浮かれる気持ちはわからなくもないケド、
ホームや路上でいちゃついてるカップルの7割はブス。

 

こんにちわ、ぼくデス。

なわけで、たまには透析の話を。


透析患者は腎臓がアウトなアレなので、
健康な人のように、たまった毒素や水分を
おしっことして体外に排出することができまセン。

すると、摂取した水分は、そのまま体内に貯まっちゃうわけで、
すっごく極端な話をすると、
飲んだら飲んだ分だけ、体重が増えるのデス。

なので、透析中にポンプで循環・濾過させている血液の中から
毒素と一緒に、その水分も抜き取ります。
これを「除水」といいマス。

除水しきれなかった水分は
足のむくみになったり、心臓を肥大化させてしまうので、
これを防ぐ為に「ドライウエイト」という、適正体重が各自に設定されます。
2日に1回の透析で、毒素と一緒に水分を抜いて、
このドライウエイトを保っていれば、心臓に負担がかからないよ、って目安デス。

一応、おおよその目安で
中1日で体重の3%、中2日で体重の5%までの増えが適正といわれてます。
なので、ボクの場合は75kgなので、それぞれ2.3kg、3.7kgが目安になりマス。

夏の間はいくら汗をかくとはいえ、
お肉よりもフルーツよりもお水が好き!!ってボクだけに、
それなりにアイスコーヒーや麦茶を飲んでたので、
夏の2ヶ月間の体重増加アベレージは、
中1日で1.8kg、中2日で2.3kgくらいあったのですガ。

さすがにこう寒くなってくると、喉の渇きもゆるみ、
自然と水分摂取量が減ってきます。

とはいうものの、夏と変わることなく、
朝の起き抜けと昼休みは、かならずアイスコーヒー飲むし、
食事も普通に摂ってるけど、

それでも先月・11月の体重増加アベレージは
中1日で0.8kg、中2日で1.5kgの増えですんでいます。

ちなみに今週の中2日の火曜日は0.9kgでした。

除水する量が少ないほど、体には負担がかからなくてラクなので、
この調子で続けられるといいなーと思っていますガ、
やっぱ夏の体重増加を考えると、多少は我慢してた筈でも、
意外と飲んでたのだなーと。

夏は中2日で2kg台って、結構、連発してたし。


そういや、来年の1月で、透析をはじめて丸2年になろうとしてますが、
この2年間で、MAXは2.8kg。
これが2回ほどありますガ、どちらもお葬式で
所在なくてお茶ばっかすすってたのが原因。

なので、ボクの体重がまた増えないように、
親戚郎党をはじめ、ご友人の方々、
ボクをお葬式に列席させないように、
できるだけ健康で長生きしてくだサイ。


 


 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
プロフィール

ぴぃ