雨の日は雨を愛す。

人生、晴れの日ばかりじゃないから、雨の日は雨を楽しむ。感謝する。
2014年に透析ライフがはじまった、言うことだけは綺麗で一丁前なぼくの透析ブログなのデス。フフーン。

2015年11月

2015 奈良・吉野山 その③おまけ

こんにちわ、ぼくデス。
続きのおまけ。

ド迫力の蔵王権現を堪能したあと、
金峯山寺の授与所で、ここでしか頒布されていないという
ちょっと特別な御守りを買いました。
鏡
神鏡「五嶽神鏡」。

表には、泰山をはじめとした中国の五霊山を表す
五嶽神形図が彫ってありマス
で、裏は鏡。
普段使ってる、ガラスの鏡じゃなくて、
ちゃんと金属を磨いて鏡面にしたもの。

なんでも、道教の霊符の中でも最高の力を持っているとか。

なーんて。
信仰心とかてんでないくせに、迷信好きなボクとしましては、
こういうのにメチャクチャ弱い。

おまけに、あの秘仏に心を撃ちぬかれた直後だけに、
雰囲気に飲まれた感もあり、なぜか全幅の信頼を寄せちゃった感もありで、
まよわず購入。3000円。(+袋800円)

通常の御守りは大体、
1年たったらお返ししてお炊き上げをしてもらうものですが、
この五嶽神鏡は一生モノ!だそうで、
ならば、むしろ、お買い得!?

ボク、一生分の安泰を3000円で手に入れました!!ヒャッホー!

とか言ってましたら、
同じく神鏡を買ったカミュが、ボクを見ながら
「お前、その“一生”の残りが少ないくせに」と。

ホント、マジで温厚なボクですが、
この瞬間だけは、本堂にもう一回戻って
あの7メートルの巨躯に、こいつを踏みつぶしてもらいたくなりまシタ。

このあと、いったん大阪まで戻って、
道頓堀でたこ焼き食べて、もはや大阪に来るたびに恒例となった
法善寺へお詣りして、新幹線で帰京。
法善寺1

法善寺2

で、帰りの新幹線の中で、
五嶽神鏡について検索をしてましたら。

「この神鏡を祀ったり、身につけていると、
 百邪を退け、百福を招く」とありました。

さらに、
「もしも鏡が曇ったり白くなった時は、
 鏡が邪気や悪業を吸い取ったためで、
 そうなった時は神鏡を新しくしましょう」とも。


そんなことをカミュに教えてあげましたら、
しきりに神鏡の鏡の面をボクに向けてくるのデス。

言っておくけど。


ボク、そんな鏡に吸い取られたり
はじかれたりしないからッ!!!


おまえ、ちょっと本気でやってるだろ、ソレ。


遠いわ、足は疲れるわ、で大変だったケド、
機会があればもう一回くらい行ってみたいと思う吉野でシタ。




 


 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

2015 奈良・吉野山 その②

続き

さて、水分神社を出てから金峯山寺を目指し、
ひたすら坂道を下っているのですが、
もうね、足がさー、太腿も脹ら脛もパンパン。
坂道って、上るより下る方がダイエットにいい、と聞いたことがあるけど、
ありゃ、ホントだな、きっと。
ふだんあんまし使わないとこの筋肉がフルフル泣いてる。
もうお尻までバキバキ。

下り続けること60分!
やっと金峯山寺・蔵王堂の屋根が見えてきたー!!

と、ここでふたりともダウン。
昨夜、バスに乗る前に食事をしたっきりだったのを思い出しました。
もう正午じゃん。

で、雨も強くなってきたので、tsujimuraというお店に。
お土産屋さんかと思って入ってみたら、
扱っている物のセンスのいいことこの上なし。極上のお店でした。
お店の奥にはカフェスペースがあり、ランチもやってるというので、
そのままここでランチ。

さすが、吉野といえば吉野杉。
店内の壁、テーブル、いすまですべて杉材で統一。
 ランチ2
ランチも杉のトレイに。あ、お箸も杉の利休箸だ♪
献立は、レンコンのはさみ揚げ・ふろふき大根の柚子味噌・もやしと柿のナムル
ランチ

さて、おなかも満たされたし、そろそろ行こうかと
外に出ると、あんだけ強かった雨が綺麗に上がってる。(やはりホンモノなのか?w)

で、いよいよ金峯山寺へ。
境内に入るとなにやらすごい人だかりが。
たまたまなのですガ。今日は年に一回の
「東南院 役行者報恩謝徳 大護摩供」の行われる日だったそうで、
100人の修験僧が屋外に儲けた大壇で護摩行をします。
その煙と炎のすごいこと。
護摩 胡麻2

なんか、いいもの見ちゃった。

で、気を取り直して、いよいよ本堂へ。
 
蔵王堂
国宝 金峯山寺 本堂(蔵王堂)。
木造の古建築としては東大寺大仏殿に次ぐ規模をもつといわれてマス。

普段は拝観料500円ですが、秘仏開帳のこの時期は1000円。
この1000円には、エコバッグとミニ木札が付いてマス。
エコ

脱いだ靴をこのエコバッグにしまって、遂に本堂へ。



いた〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!!!!


蔵王
本尊 「金剛蔵王大権現」。
(撮影禁止なので、JRの奈良キャンペーンから写真借りてきました)
蔵王1

なんて迫力!
身がすくむほどの覇気。こりゃなんだ!
そして何より巨大なことったら!
写真じゃサイズわかりにくいですガ、
この中央の像で、7メートル越えなんですケド。

この感動は言葉になんか絶対できない。てか言葉失うし。
ボク、長いこと口をポカーンと開けて突っ立ってたらしく、
カミュに小突かれましたガ、
でも、あんたも普段は絶対にしないのに「おぉっ」と
感嘆の声を漏らしてたじゃないですかー。
言わないケド。(言ったところでどうせ返り討ちになるし)

ちなみに権現とは、
「権(仮り)に現われる」という意味で、
つまりこの3躰の権現は、
本地仏の釈迦如来(過去世)、千手観音(現在世)、弥勒菩薩(未来世)の
仮のお姿ということになります。

そしてこの後、内陣に儲けられた「発露(ほつろ)の間」に。
発露の間は、蔵王権現のすぐ目前に障子の衝立で個室に仕切られたブースで、
いわゆる懺悔室のようなもので、本尊を近くで見るためのブースではないのですが。
普段、内陣は僧侶以外には絶対に入れないので、これはホントに良い機会。

感動しすぎて、お祈りも懺悔も忘れて
ひたすらウットリ。ただただ凝視。


最近はよく、仏像大好き!仏像巡り大好き!という人が増えてきましたが、
この蔵王権現は、ホント、見ておかないと絶対ダメ。
ボク、相変わらず信仰心とかないんだけど(笑)、
この仏像は決して、博物館なんかでは見ることができません。
(そもそも60年に1回しか一般公開されないし)

新管長上任記念&国宝仁王門大修理勧進として、
平成24年から10年間、毎年一定期間だけ特別ご開張されています。

ちょっと古い情報ですが、JRの「うまし うるわし 奈良」キャンペーンでも
金峯山寺編というのがあったので、興味ある人はぜひこちら ↓ をクリック。

JR


いやー、来てよかった。
見られてよかった。ホントよかった。

奈良、侮れんわー。いや、マジで。


 
 

 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

2015 奈良・吉野山 その①

こんにちわ、ぼくデス。


土曜日。透析が終わったあと、
東京駅22:20発の夜行バス・グランドリームで大阪へ。

グランドリームは独立3列シートで、
カーテンで各シートが仕切られるし、
若干座席も広めなので、まぁ少しは快適。
お値段は片道9000円(のところ、手帳で4500円)

朝6:20に大阪駅に到着。
ここから環状線で天王寺まで行き、近鉄に乗り換え。
近鉄・吉野特急。
特急
特急なのに2両編成。カワイイ。
これに乗って約1時間半。やっと終点の吉野に到着。
吉野駅


なわけで、ボク、今回は日帰りで奈良の吉野へ言ってきました。
(もちろんカミュ先生もご一緒ッス)

目的はコレ。
チラシ
 「金峯山寺 蔵王堂 日本最大秘仏本尊 特別ご開張」。
これがどうしても見たくて、カミュを誘ってここまで来たわけデス。

目的はこの秘仏だけなのですが、吉野は今後
再び来ることもなさそうなノデ、この機会にあちこち回ってみようかと。

桜で有名な吉野山ですガ、
吉野山全体と点在する寺社の多くが世界遺産に登録されていマス。

まずは吉野駅からケーブルカーで吉野山駅へ。
ちなみにこのケーブルカーは日本最古のもの。
まだ早いとはいいながら結構、木々が色づきはじめてきてました。
紅葉2

kouyou 1


吉野山駅に到着。
で、ここからは、さすがに荒行もいとわない修験道の巡礼路。
町中の坂道でさえ全力で拒むボクが登るわけもなく、
ならば、バスで上まで行っちゃって、そこから下山するのが最良!と
ここからバスで終点まで一気に上がり、お詣りをしながら下山することに。
(ボク天才!)

まずは「金峯神社」。
あの藤原道長もお詣りした神社デス。
金峯神社
 世界遺産に登録されているにもかかわらず、
観光客はほぼいないノデ、ゆっくり参拝できましたが、
標高で言うと大体750mのところにあるこの神社からの景色はお見事!
雲海

そもそも、大阪へ着いた時点で、すでに大阪も奈良も雨。
遂にカミュの晴れ伝説も崩れたね!と思いながらも
この前の伊勢の件もあるので、まだそんなこと口にはしませんケド。
(伊勢に着くまではすごい雨だったのに、神宮の境内にはいった途端に、
 快晴になった、っていうアレです)

で、大阪から吉野までも、ケーブルカー&バス乗車時もずーっと雨だったのに、
バスを降りた途端に晴れ間!
っていう嘘みたいなお天気のおかげで、こんないい風景が見られました。
ん?幸先良さそうじゃね?

で、境内を出て、坂道を下りはじめた途端に、また雨。
傘をさして20分ほど下っていくとあるのが、
同じく世界遺産「吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)」。

楼門をくぐった途端に、また雨がピタリと止みました。(なんかコワイ)

この水分神社は、平安時代からあった神社ですが、
建物自体は豊臣秀頼が再建したもの。
本殿や拝殿が回廊でコの字につながれている
他の神社では見られない配置構成になっています。
が、なんともいえない社殿全体の佇まいに目を奪われます。
水分神社
京都の有名寺院にありがちな雅さや煌びやかさではなく、
古くから保たれてきた静謐さからしか生じることのない荘厳さ。
みたいなものを、肌で感じられる神社でした。

さっきの金峯神社といい、ここといい、
世界遺産に登録されているのに、観光客はボクらと数組だけ。
京都はもちろん、同じ奈良でも東大寺とかあっち方面は外国人&日本人の
観光客であふれているというのに、この差はなに!?

いや、むしろ、この静かさこそが、
奈良のいちばんの魅力のように思いマス。
京都、好きだけど。てか、毎年必ず行ってるけど。
京都はもはや街全体が一種のテーマパークみたいになっちゃってるもんなー。

奈良、いいかも。

今まで、地味すぎるだの、ちょい陰気だのと
口走っちゃったことも何度かあったんだけど、
ごめん、奈良。なかなかやるじゃないかー。

やばい。ハマりそう。

吉野水分神社を出ると、途端にまた雨が。(もう驚かない)

で、また傘をさして長い長い坂道をひたすら下りマス。
目指すは今回の目的「金峯山寺」。


が、長くなっちゃったノデ、続きは次回に。

ほんと、まとまりのない文章がダラダラと長くて、
ご自分でもイヤんなっちゃうんですガ、
よく考えてみたら、文章だけでなく普段の会話も
まとまりなくダラダラといつまでも喋っていることが多いので、
もうアッタマ悪いんだから仕方ないじゃん!と開き直ってる今日このごろ。





 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

命日

4〜5日に一度がデフォルトなのに、
下剤も飲んでないのに、
ここ5日ほど、毎朝、お通じが・・・。

ボク、どこか体の調子悪いのかなー。

もう心配で心配で。

 

こんにちわ、ぼくデス。


なわけで、
今日は父の9回目の命日だったのですが、

浄土真宗なのに、

ボクが般若心経を唱え、

母がキルフェボンのタルトをお供えしてる

うちの仏壇のカオスなことったら。



でもってボク、実は、かなりのお線香好きでありまして。
あ、アロマみたいなお香じゃなく、あくまでもお線香ねっ!

京都やあちこちのお寺に行くと、
その寺社オリジナルのお線香がよく売っているのですが、
ここ数年は、
三十三間堂の「名香 三十三間堂」と
青蓮門院の「青蓮香」が、かなりのお気に入り。
行くたびに買い求めてしまいマス。
IMG_0562

三十三間堂は沈香系で、青蓮香は白檀系。

仏壇にお供えするのはもちろんですが、
部屋にも、古伊万里のそば猪口に香炉灰をいれた
マイ線香立てを置いておいて、焚いたりしてマス。

なんか妙にイライラしてる時とか、
逆に心配事があって落ち着かない時とか、
こんな時はやっぱりお線香に限りマス。

あんなアブないハーブとかなんかより、
ずーっとずーっと、リラックスできると思うんですケド。

畳の匂いとお線香の匂い。
ボクがお寺が好きな理由のひとつはここにもあるのかもしれないww


 


 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

20年

アタマの中、お花畑の女がよく
「手作りの結婚式でー♪」なんて浮かれてるケド、
そんなに「手作り」にこだわるなら、まずは

式場を作るために木材切り出せ!
 

こんにちわ、ぼくデス。


なわけで、秋も深まる今日この頃。
大学時代の同級生のジン(♀)とポン(♀)の二人と
会ってきました。

実に20数年ぶり。

待ち合わせは日本橋三越の前。
この時点ですでにオバチャンコース。

20年ぶりの再会は、劇的なものも感傷的なものもなく、
手を挙げて、「おぅ」。
で完了。

久しぶり!とか元気だった?とか、ありがちなそういうことは一切なく、
「とりあえず、どっかでお茶しない?」

まぁ、大学時代といえば、お互いすでに
顔も完成しきっているので、そこから20年たったところで、
多少の 劣化 もとい、老化はすでに脳内で補完済みなノデ、
感慨ひとしお、ってこともなく、
まるで先月も会ったとばかりにナチュラルな再会に。

さすがに二人とも結婚して子供までいるノデ、
会話には20年前にはなかった、お互いの家族の話とかが
出てくるものの、肝心なとこはホント二人とも変わってない。

ホント、驚くほど変わってない。

20年って年月ってなんなんだろう。

目の前にいるのは、卒業以来、
別々の、ボクの知らない人生をいっぱい経験してきた筈の人たちなのに、
大学時代の、まるで放課後のおしゃべりの続きみたいに
スルスルと会話が弾む、この感覚。
ちょっと不思議。それでいてすっごく自然。


ウロウロ買い物して、グダグダご飯食べて、
夕方に解散。

帰りの電車の中、
20年立っても変わらない二人を思い出して、
その裏で経験してきたものを感じさせず、
見事にさらりとやってのけるあの人たちを、
こっそり尊敬したりしてみたりして。

あ、ボクは変わりましたよ、ものすっごく。

えぇ、当時より30kgほど(笑)


それはそうとして、
ふたりが期せずして言った言葉。

「マツコの人気すごいよねぇ。
 ハニー、ちょっと時代が早すぎたよね」


・・・えっとぉ。それ、褒め言葉ですかね?(違うんですか?)


ついでにいうと、ハニーってのは、ボクの大学時代の渾名。
大学の先生まで、そう呼んでたっていう、ね(笑)


にしても今日は、なんて楽しい1日だったこと。




 


 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
プロフィール

ぴぃ