雨の日は雨を愛す。

人生、晴れの日ばかりじゃないから、雨の日は雨を楽しむ。感謝する。
2014年に透析ライフがはじまった、言うことだけは綺麗で一丁前なぼくの透析ブログなのデス。フフーン。

2014年12月

料理納め

「オリーブオイル もちこみ」

と書いたら、10人に3人くらいは
「オリーブオイル もこみち」と読んでしまう。

 

こんにちわ、ぼくデス。

とうとう大晦日デス。
というわけで、朝から買い出しいって、
毎年恒例の、焼き豚作り開始。

「今年で最後にしよう」と毎年思うのに、
この日になると、なんだかんだと作り続けてしまいマス。

年にほぼ一度、このためだけにしか使わないであろう
高さ30cmの寸胴鍋をひっぱりだして、作ること6時間。

やっと完成。
 
焼き豚

今年は隣の榊原サンやその娘夫婦などにあげる分も含めて
肩ロース6本
バラ2本の計8本

それと卵を15個。

ボク、お疲れ!

焼き豚作ってる間に、紅白なますも。
いつものなますに、とびっこを混ぜると
キラキラして、見た目もキレイです。

なます

これで今日の仕事終わりーと思ったのですガ、
なんか、火がついてしまったノデ、
ここんとこのストレス解消も兼ねて、
今年は買ってすませる筈だった煮物作りに
これから着手。

それではみなさま、よいお年をー。

 

 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

2014 京都旅行その⑥ (3日目)

こんにちわ、ぼくデス。

さて最終日。お疲れ、ボク!

なわけで7:30起床。
結局、今年に限って、一度も駅のツリーが見れなかったノデ、
ホテルロビーのツリーで、一応気持ちだけクリスマス。

ツリー

先にチェックアウトをしてからフロントに荷物を預け、
さっさと宇治の平等院へ。

去年きた時は、まだ修復中で見れなかったノデ、
まぁ、今日はどうせ午前中しか動けないノデ、サクッといって終わりにしようと。

修復を終え、すっかりと綺麗になった平等院・鳳凰堂。
あの藤原道長の別荘だった寺院デス。

平等4

折角なので、新しいデジカメの「トイカメラ風」もードで↓
平等1
 
さらに、昨日タマげた「極彩色」モードで↓ 
平等2
 
ズームにすると、中のご本尊もちゃんと見えマス。
平等3
 この、中央正面の格子状障壁の丸窓。
一説では、貴族以外の人間(庶民)が、池の対岸から、
この窓を通してご本尊の阿弥陀如来の顔を拝観することができるために
設けられたとか。 

平等朱印1 平等朱印2 平等朱印3
平等院・ご朱印(3種)

今回はこれにて全日程終了。
これから京都に戻って、13:30の新幹線で戻れば、
夕方の透析に間に合うノデ。

もうね、東京着いてから、
おみやげのはいった紙袋と、トランクをガラガラ引っ張りながら
透析病院へ乗り込むときのボクの勇ましい姿ったら!!

3日間歩き過ぎて、もう足下フラフラ。筋肉ガタガタ。

カレンダー見たら、来年も再来年も日程的に、2泊は無理みたいなノデ、
(うまいこと日曜に休日がくっついてくれない)
今回が最後かなーと思いつつ、穿刺したあと、すぐに爆睡。

ボク、おつかれー。今回もガンバりましたw



 
 
 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

2014 京都旅行その⑤ (2日目/京都後編)

こんにちわ、ぼくデス。

なわけで、日もすっかり沈んだところで、2日目、最後の目的地へ。

青蓮院 門跡(しょうれんいん もんぜき)。
門跡とは、皇室や摂関家の子弟が入寺、または住職を務める特定の寺院のことで、
この青蓮院は、多くの法親王が門主(住職)を務め、
江戸時代には仮御所となったこともあるお寺デス。

そして、ここには三大不動のひとつ、国宝「青不動」がありマス。
f4
激しく燃え盛る焔を背にした青不動明王が、濃茶褐色の画絹に描かれた、
国宝「絹本着色 青不動明王二童子像」。

これまで1000年の間、公開はまったくされなかった秘仏なのですガ、
9年前(2005)に3ヶ月間だけ、創建以来初のご開張があり、
その後はまた非公開になってしまいました。

ガ、この時のご開張後、文化庁による修復や復元模写などが行われ、
5年後の今年、これを収蔵する青龍殿の落慶記念として
また3ヶ月間だけ、ご開張がされたのデス。

ご開張最終日の前日でした。ギリギリセーフ。

しかも、今頃の時期には京都でも珍しいライトアップでの夜間拝観あり。
(たいていは12月初旬まで)

1

4
美しいと評判の境内の竹林も
2
今回の旅行はここだけでもかなり満足できる内容でした。

青蓮朱印1
青蓮院・ご朱印

カラダの隅までミッチリ、この光の余韻を詰め込んで、
夕飯を食べに先斗町(ぽんとちょう)へ。

なのに、先斗町まで行っておいて、結局は焼き肉。

そして23時にホテルに帰宅。



・・・・・また京都駅のツリー、すでに消灯。

5年目にして、遂に見逃したまま終わり。

チックショー。

img9de4668bxkdstc

 
 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

 

2014 京都旅行その④ (2日目/京都中編)

こんにちわ、ぼくデス。

金閣寺から北野天満宮へ行く途中で、
たまたま通りかかったお寿司屋さんでランチ。

これが大当たり。

お寿司と串カツのセット。
寿司
これで980円。トマト以外は完食。

ここから、徒歩で北野天満宮へ。
北野
25日の「終い天神」の前なので、意外とガラガラ。

北の朱印
北野天満宮・ご朱印

ここはサラッとお参りしてその横にある花街、上七軒をブラリ。
上七軒
舞妓さんが三味線の練習をしている音色が聞こえて来ていい感じ。
金沢の茶屋街によく似た雰囲気デス。

ここから、毎年欠かさずに通っている三十三間堂と八坂神社へ。
これでもう5年連続w
八坂
日が暮れかけて、夕陽に照らされて綺麗な八坂さん。

ここでこのあたりをしばしブラブラ。
丁度、八坂さんの裏あたりに、なにやらイカれた  イカしたお店を発見。
外見はこんなですガ、
large-1
店内に入ると別世界。パティスリーなのデス。
ケーキのウィンドゥがなんだか、非日常。

large-2 large
でもって、ウマいわ、ここ。
メチャクチャおいしい。

東京に帰ってからネットで調べたら、
「ラ・パティスリー・デ・レーヴ 」というパリで人気の海外発店舗でした。
東京になくて良かった・・・・。
これ都内にあったら、ひとしきり通っちゃいそうだもん。

タタン
このタルトタタンなんかもう反則!ウットリながめてられマス。

なにがムカツクって、二階がサロンになってるのだけど、
さすがに男(オッサン)2人が入る雰囲気ではないのデ、
お茶はあきらめ、テイクアウトで買って、道ばたでかぶりつくボクら。


yjimage ワイルドだろぉぉぉぉ。

なわけで、いい加減、暗くなって午後6時半。
ここからが本番。
これから今回の旅行の二番目の目的地へ向かいマス。






 
 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

2014 京都旅行その③ (2日目/京都前編)

こんにちわ、ぼくデス。

2日目は7:30起床。

京都駅下のプロントで朝食をとったら、下鴨神社へ。
(つくづく、朝夕と京都色ゼロの食事!)

下鴨神社は通称で、正しくは
「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」といいマス。

下鴨 

ここの境内にある御手洗川(みたらしがわ)にかかる輪橋(そりはし)の側に、
梅の木があって、これは「光琳の梅」と呼ばれてマス。
梅

尾形光琳のあの、「紅白梅図屏風」(国宝)に描いた梅↓です。
24648

そして下鴨神社といったらやはりコレ。
みたらし
下鴨神社境内の御手洗池(みたらしのいけ)の水泡を模してつくられた団子。
そう、あの、みたらし団子デス。
ここは、みたらし団子の発祥の地でもあるのデス。

さらにさらに、ここの境内にある河合神社にはもうひとつ。
すっばらしいポイントが!

 河合塀
ただの塀ではごっざいまセン。

ここは、ボクがリスペクトする必殺の山田五十鈴サマの
殺しの現場なのデス。
いすず

あー、もうボク感激!!!

ってわけで、個人的な趣味が満たされたところで、バスで金閣寺へ。

下鴨朱印
下鴨神社・ご朱印


金閣寺も通称で、正しくは「鹿苑寺(ろくおんじ)」といいマス。
なんかマンネリな気もするのですガ、どうせ通り道だし、ってことで、
今年も拝観。

外見はこんなでも、1階にも2階にもちゃーんと仏様が祀ってあって、
最上階には仏舎利(お釈迦様の遺骨)が安置された、立派な舎利殿デス。

金閣1
結構強く吹いていた風がやんだら、水面に綺麗に映ってました。

センス云々ではなく、ここはとりたてて新しい構図で写真を撮ることもできないノデ、
まぁ、誰が撮っても同じような写真になるのですガ。

ボク、今回、デジカメを新しいのにいたしまして、
なんだかイジっていたら「極彩色モード」というのがあったノデ、
試しにこの極彩色モードでも撮ってみました。

1


 ・・・なんだか、いろーんな意味でスゴイ(笑)。
絵ハガキかっ! 

面白かったノデ、横からもう1枚。
2

うーん、侘び寂びゼロ!

ってわけで、これから昼食デス。

金閣朱印2 金閣朱印1

金閣寺/舎利殿と不動尊のご朱印

 



 
 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

2014 京都旅行その② (1日目/奈良後編→大阪)

こんにちわ、ぼくデス。

なわけで、橿原神宮から向かうのは三輪山のある「三輪」。
そう、あの、三輪そうめんで有名な三輪です。 

ということで、まずは三輪駅を降りると丁度昼時だったノデ、
折角だから「三輪そうめん」を食すことに。

今回はさっすがに寒いので、にゅうめんで。
そうめん
具は、三つ葉とわかめ、えのき、かまぼこ。
700円。
・・・おいしいんだけどさー、飽きるわ、これ。
寒くても、冷やし素麺の方がよかったかもー。

お腹が満たされたところで、いよいよ今回の最大の目的・大神神社へ。

大神神社(おおみわじんじゃ)は、
国内屈指のパワースポットともいわれていマス。
(あ、でもボク、パワースポットという言葉が大嫌いデス。)

ご祭神は、大物主大神。
その御魂は三輪山に留められているとされているため 、
三輪山そのものがご神体。

なので、本殿は設けないで、拝殿からお山を拝む、という
原初の神祀りを今に伝えているわが国最古の神社となっています。

みわ1 みわ

この大物主大神にお詣りするのはもちろんなのですガ、
今回の目的は、このご神体である三輪山に入山すること。

というわけで、拝殿にお詣りしたあとは、
境内にある、大物主大神の荒魂をお祭りした狭井神社(さいじんじゃ)へ向かいます。

この神社には「おくすり水」という神水が湧き出てて、
この薬水を飲めばいろいろな病気が治るといわれてマス。
ご神水
おくすり水

で、この拝殿脇の登山口から三輪山へ入山しマス。
入口

入山するには、まず社務所に願い出て、住所・氏名・性別・携帯番号を記入しマス。
それから参拝証の白いたすきを受け取り御祓いを済ませマス。
たすき

道中、このたすきを外すことは禁止されていマス。
行程は上り下り約4kmで、普通は往復2時間ほどで下山できるそうなのですガ、
3時間以内に下山しなければならないという規則がありマス。
また山中では、飲食、喫煙、写真撮影の一切が禁止されてマス。

そして、山中での出来事を無闇にひとに話したりしないことがマナーになっていマス。

ガ、ボク、そもそもこの山中での出来事について、なにもお話することがありまセン。
なぜなら、
4分の1あたりで、リタイアして下山したきゃら!!

無理!ボクには無理! これ、本格的に無理な道!(ボクには)

なわけで、あっという間に下山して、ひたすら1時間半、
カミュの下山を震えながら待っておりました。

でも満足!

大神朱印狭井朱印
大神神社・ご朱印と 狭井神社・ご朱印

ここから1時間半かけて大阪難波へ。
なんか毎回、1日目の夜は大阪へ行ってマス。

ここでたこ焼き食べて、551の肉まん食べて、
毎度毎度の、夜の法善寺横丁へ。
法善寺
法善寺・水掛不動尊

そして、しつこく毎度毎度の「夫婦ぜんざい」
zennzai
いろいろ食べてきましたが、ここの善哉はマジで一番うまい。
本当にメチャクチャ美味い。
2椀で一人前ですが、これ6椀くらいイケちゃうよ。

気がつけば、もう夜の9時。
急いで京都へ戻って、駅前の居酒屋(!)で夕食。

チェックインが23時になってしまった・・・。
お風呂入って、即爆睡!
・・・京都駅の巨大ツリー、もう消灯してた (´;ω;`)


 
 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

2014 京都旅行その① (1日目/奈良前編)

こんにちわ。ぼくデス。

なわけで、今年も行ってました、京都旅行。 

透析は火・木・土と週に3日あるノデ、もう連泊旅行なんて無理〜とか思っていましたガ、
日曜に出て、 火曜日の透析までに間に合えばいいんじゃん!と
2泊旅行を強行。(会社は月曜だけお休みもらいました)

時間がもったいないノデ、始発で出発。
なので、朝が早いのなんのって。

で、肝心のアレですが、今年はこんなのになりました。
設計図通り!!!(え?)

弁当
上段:だし巻き卵・唐揚げ・銀杏/ 栗ご飯/帆立とアスパラのバター炒め
中段:えびマヨ炒め/ 煮物/和牛サーロイン
下段:ずわい蟹寿司/ スモークサーモンのサラダ/白米

これで今日の体力の3分の1を消費。

新幹線に乗ると、まだ早朝なだけあって景色がキレイ。
ふだんは富士山なんかいちいち写真撮らないのだけれど、
今日は朝焼けの街が輝いてみえたので記念に一枚。
富士山

で、京都に着いたらそのまま、いつもの駅直結のホテル・グランヴィアに荷物を預け、
まずは京都から1時間ちょっとの、奈良。橿原神宮(かしはらじんぐう)へ。

橿原神宮は1890年に明治天皇によって創建された比較的新しい神宮ですガ、
祀ってあるのは、日本で最初の天皇となった神武天皇とその皇后。

ボク、あんまし昔の皇族に興味とかないのですガ、
「見える」人から、橿原へ行った方がいい、とカミュが言われたそうなので、
コースにいれてみました。

かしはら0
白木の鳥居が美しい、二の鳥居。

かしはら2

拝殿から本殿へ向かって、ご挨拶。
・・・えー、写真に写っている女性ですが、ガチでした。
それもハンパない、ガチ。

ボクらは、あちこち見たり、ご朱印貰ったりで30分くらいウロウロしてたのですガ、
その間、ここから一歩も離れず、ひたすらお祈りしてました。(゚ロ゚;)

なんか、真剣すぎて、切実すぎて、見てるこっちが苦しくなりそうだった。

ってわけで、
今のところ、ここまで真剣な悩み事がない人生に、もう一度感謝して次の目的地へ。

別にボクが悩まないアホだとは言っておりまセン。
ボクだて、ひとなみに悩んだり、傷ついたりしてるのデス。

ただ、飽きっぽいノデ、悩んだり傷ついたりしてることに、飽きてしまって
やめちゃうだけなのデス。

もう一回言っておきます。ボク、アホじゃありません。
ありませんってば。
もう!

橿原朱印

橿原神宮・ご朱印






 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

設計図

高熱で寝込んでいる奥さんに向かって
「俺の飯は気にしなくていいよ、外で食べて来るから」と言った旦那さんを
「優しい旦那!リスペクト!」と言った人がいたけど、
それって優しいのか?


・・・奥さんの、ご飯は?



こんちわ、ぼくデス。

なわけで、明日の早朝から、毎年恒例となった
カミュの誕生日に合わせた年末旅行に行くのですガ。

(12/24とか、なんか祝わないといけないような日に生まれやがって!)

あー。
透析になったら、もうこれまで通りには旅行は行けないかもーと、
一昨年、去年と気合いを入れすぎて、こんなん作ってしまったノデ、
DSCF8881
2012年

DSCF8950
2013年

さすがに6年目になりますと、
もういい加減、お弁当ネタも尽きかけているわけデス。

ここ2年は、お弁当箱自体に凝ることで、
なにげにいろいろと誤摩化したりしてるのですガ。
それにしても、もうネタ切れ。

この1年、たいしたレシピも思いつかないまま終わってしまいました。

後悔先に立たず・・・。
一度、気取りに気取って、仕切りのついたお弁当なんかを作ってしまったために、
すでにそれがデフォルト。

どーせね。
東京駅出たらすぐ食べ始め、新横浜に着く頃には食べ終わって寝ちゃうくせにさー。
2時間かけて作っても、10数分で食べちゃうくせにさー。

とはいえ、後には引けないのデス。
「おいしいものを食べてもらおう♪」なんて気持ちは
小指の先ほどもありまセン。

あるのはボク自身のプライド。もうそれだけ。
ただでさえ、エッッブリディ、最悪の扱いをされているのに、
ここで手を抜いたら、
「メッキが剥がれた」だのなんだのとツッコマれること間違いないのデス。

それはそれでクソ面白くないわけデス。

一度たりとも、「おいしい」とか「わー」とか言ったことがなく、
毎回言う言葉はこれだけ。



「おおげさ・・・」


こんな奴に手を抜いたとか思われるのは恥辱以外のなにものでもないのデスってば。

なわけで、
明朝は3時起き!
昨日書いた、これ(設計図)だけを頼りに
台所の鬼となるのデス。
スキャン

書いて、一晩たったら、ご自分でも読解できない文字と絵・・・。アーウー。



 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村


 

サンタさん

この時期になると、
自宅の外壁を大量のイルミネーションで飾る家。
色とりどりのLEDがキラキラと輝き、
二階の窓から庭へ向かって落ちる何条もの光の滝や、
キラキラと幻想的に点滅するトナカイやサンタさん。

すごい頑張ってセッティングしたんだろうなぁー。
一般の住宅が夢の世界のように大変身。


そんな家がボクの家の近所になくて



_人人人人人人人人人人_
> 本当に良かった!  <
 ̄YYYYYYYYYY ̄



こんにちわ、ぼくデス。


なわけで、もうすぐクリスマスなのですガ。

うちの弟夫婦んとこの3人の子供たちには、
毎年クリスマスには必ず、
サンタさんから「本」がプレゼントされマス。

いちばん上のお姉ちゃん(小3)が、
「うちに来てくれるサンタさんは、毎年、本ばっかり置いていく」と
毎回、ボヤいておりマス。

弟たちは、普段からあまり、おもちゃを安易に与えない方針なので、
自然とおもちゃを買い与えるのは、母とボクの役目になるのですガ、
考えようによっては、母とボクにおもちゃを買ってあげる「役目」を
譲ってくれているようで、なんだか感謝してたりもしマス。

まぁ、そんなクリスマスが続いているのですガ、
うちの姪っ子。小3にもなったのに、いまだに
サンタさんを信じておりマス。

我が姪っ子ながら、「このコは幾分、アホなんじゃないのか?」と
心配になりまして、先日、母に言いましたら、

「お前は小6まで信じてた」

と言われ、激しく動揺。


「ボクは幾分、アホなんじゃないのか?」


で、ここで新たな疑問が。
小6まで疑っていなかったものを、なぜそこに来て真実を知るに至ったのか。
ふたたび母に質問。
「どうして本当のこと知ったんだろうねー」

「弟(2コ違い)に、教えてもらったのよ。」


さらに追い打ち。

「あんた、泣いてたわよ」



なわけで訂正。

姪っ子はアホなんかじゃない。

純粋なんだ(ボクと同じで)。
心がキレイなんだ(ボクと同じで)
疑うことを知らない真っすぐなコなんだ。(ボクと同じで)


明日も世界がボクを中心にまわりますように。



 

 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

忘年会。

ハローワークは、名前に「ハロー」がついてるぐらいだから
なんだか、キティちゃんがいそうだけど、
実際いるのは

プーさんばかりなのよ~
10086288707




誰がそんなうまいいことを言えと!!!




こんにちわ、ぼくデス。 
なわけで、先週末、会社の忘年会があったのですガ、

ボク、以前から何度か言ってるように、
オヤジが大の苦手でありまして、
その上、酔っぱらいが死ぬほど嫌いなものですから、
もう前日から、かなーり乗り気ではなかったのです。

とはいえ、これまでボクが勤めたところはいずれも
広告会社や制作プロダクション だったノデ、
よく年末のテレビでやってるような、
「ザ・サラリーマンの忘年会」というのを経験したことがなかったノデ、
どんなものか少し興味もありました。

で、いよいよ忘年会のはじまり。

ボク、元々お酒飲まないし、
透析してるから余計な水分そんなに摂りたくないしで、
ビール半分をチビチビ飲みながら、かに鍋をつついておりましたのですガ、
まぁ、オヤジたちの飲むこと、飲むこと。
まるで水のように、ビールやら焼酎やらが飲み込まれる、飲み込まれる。

で、ひと通り、料理が終わって、
最後に、雑炊でしめることになってたのですガ、
いざ雑炊を作ろうとしたら、隣の鍋の分だけ、ご飯も卵もない。

あれ?

テーブルをキョロキョロしながら探しておりましたら、
ひとつ離れた席から、顧問のジイ様の
「なんか、ここの飯は冷たいなー」という声が。


だいぶ飲んでらっしゃった○○顧問。

雑炊用のご飯に、ダイレクトに卵とお醤油をかけて、
食べちゃってました。 (゚ロ゚;)

20100701_1031963

忘年会で、かにコースで、「卵かけご飯」が出るわけねーだろーw


なんだ、意外と可愛いとこあるじゃん、酔っぱらいオヤジも。


新年会も楽しみになりました。

 

 

 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
プロフィール

ぴぃ