雨の日は雨を愛す。

人生、晴れの日ばかりじゃないから、雨の日は雨を楽しむ。感謝する。
2014年に透析ライフがはじまった、言うことだけは綺麗で一丁前なぼくの透析ブログなのデス。フフーン。

2014年09月

2014 誕生日ツアー② 聖神社(銭神様)

こんにちは、ぼくデス。

なわけで、後半。

三峯神社を計画より2時間遅れて出発したボクらは
またバスに乗って、駅へ一旦戻りマス。

ガ、だいぶ予定が押してきたノデ、
バスの中で必死に検索。ガラケーで!ガラケーで!(2回言いました)

で、西武秩父駅へ戻る予定だったのですガ、
途中の、秩父鉄道・三峰口駅で下車。
この方が1時間近くカットできるので。
乗り換え時間が3分しかなく、ダッシュ!

そして三峰口から秩父線というローカル線で「和銅黒谷」駅へ向かいマス。

和銅駅1
和銅黒谷駅・・・のどか〜。
駅員さんは一応おられるのですガ、切符は改札においてある箱に入れて下車しマス。
自動改札なんてものはありまセン。
和銅駅2
駅舎も待合室もいい感じにひなびてマス。

和銅切符
昔あった、切符の券売機が改札の中にあって、ノルタルジックな雰囲気が倍増。


この駅から向かうのが「聖神社(ひじりじんじゃ)」。
またの名を「銭神様」。

和同開珎って聞いたことありますよネ?
708年(和銅元年)に、日本で鋳造・発行された、
日本で最初の流通貨幣である、コレです。
Wadogin

慶雲5年(708年)に自然銅が発見され、
和銅改元と和同開珎鋳造の契機となったとされるのがこの神社で、
和同開珎ゆかりの神社ということから「銭神様」とも呼ばれてマス。

ご神体も創建当時採掘されたと伝えられる和銅(ニギアカガネ)です。

実は、関東最大のパワスポ!って三峯神社よりも
マジで、本気で、ここに来たかった!
ビバ!現世ご利益!

駅から数分歩くと、岡の中腹に鎮座してる聖神社。
(てか、脳内ではもはや銭神様!という名称しか存在していない)
銭神

神社っていうのは大体が、息災でいられることを感謝する場所なノデ、
めったやたらにお願いするところではないのですガ、
ここはお金の神様!
本性丸出しでお金のお願いをしにきましたッ!

この神社で祈願すると、お金に不自由しないと言われていますガ、
不自由どころか、浴びるほどに、飽きるほどに、
お金とご縁を取り持っていただきに来たわけですヨ。
オータムジャンボ買ったし!!!

ってわけで、極悪なほど気合いいれて向かったのですガ、
あれ?って毒気を抜かれちゃいそうな、穏やかでいい雰囲気のお社。
銭神1
小さい社ですが、木々に囲まれた佇まいはやはり神社。
清々しい、いい風が吹いてきました。

この清浄な心地よい雰囲気の中、
やはり「お金!お願い!」といつになく熱心にお詣り。

周りには宝くじで当たった!万馬券当てた!マンション買えた!って
お礼の絵馬や奉納文がいっぱい。

あやかれ!あやかれ、ボク!

本殿を覗きますと、通常は白い「御幣」も金!ゴールドでありマス!
うおぉぉぉぉぉ。
銭神3

そして、金運グッズも購入。
金運お守り
宝くじ入れ・金運お守り・招財進宝の計3点。

銭神ご朱印
銭神様のご朱印

もちろん、お賽銭も奮発!ありったけの小銭を!
(お札ではない)

もう思い残すことないってくらい、熱烈にお詣りして帰途へ。

和銅黒谷駅には和銅発祥の地にちなんで、
和同開珎のモニュメントがあるのですガ、
時刻も夕暮れ。
ふと思い立って和同開珎の穴を覗くと、穴のなかから夕陽が。
ゴールドォォォォォォ!
夕陽

えー、ここから再び秩父鉄道で西武秩父駅へ戻り、
駅前で夕食。その後またレッドアローで帰ってきまシタ。


ご利益覿面で、オータム3億当たっちゃった時は、
ボク、みなさまにも還元するつもりでおりマス。
みんなにフリスク配るとか!(なんて太っ腹!)

なんだかとっても濃い1日を過ごせましたー。

ちなみに、今日、カミュ先生からもらったバースディプレゼントは、
キャンドルスタンドとモフモフ。
 プレゼント

はぁ、今年も残り3ヶ月。

 
 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

2014 誕生日ツアー① 三峯神社

こんにちわ、ぼくデス。


えっと、本日はボクの何回目か(忘れた)の誕生日でありまして、
個人的には、とくにめでたいということもないのですガ、
世界中の皆様がこぞってお祝いムードなノデ、
それに乗じて、折角だからーと、お出かけしてみまシタ。

なわけで、今回も急遽、朝からお弁当作り!
(自分の誕生日に、なにやってるんだ?と激しく自問自答しながら!)
弁当
・梨、巨峰、柿
・シーザーサラダ
・おにぎり(ごま塩、焼きおにぎり(味噌・醤油)
・炊き合わせ(ゆうべ作ったやつw)
・からあげ
・鳥そぼろ入りだしまき卵
・白身魚のフライ
・アスパラと生ハムのスパゲッティー


で、今日の行く先は奥秩父の「三峯神社」。
今から1900年前に建てられた古いお社で、
最近は、関東でも有数な“超パワースポット”として有名なんだとか。

なのですガ、遠い。

池袋から特急レッドアローで80分。
そこからバスに揺られ山道を登ること、1時間40分。
しかも、このバス。1日に5便しかないのデス。

そんなわけで、昨日は練りに練ってタイムスケジュールを調整。

とりあえず、まずは計画通りに三峯神社に着きました。
ここから、また少し登りマス。

最初に見えてくるのが、珍しい「三ツ鳥居」
三つ鳥居

三峯神社の眷属(稲荷の狐みたいなもの:お使い神)は大口真神。
つまり、現在は絶滅してしまった日本狼が神格化したもの。
なノデ、狛犬ではなく、オオカミが境内のあちらこちらに祀られていマス。
おおかみ


ここを進むと見えてくるのが、「随身門」。威風堂々。
楼閣

そして拝殿へ。
拝殿2

拝殿1
斗組・虹梁・柱頭などに極彩色の彫刻が施された
美麗な造りです。なのにすごく静寂な雰囲気がたまりまセン。
彫刻

拝殿の奥にあるのが本殿。
本殿

で、この拝殿の前には不思議な石畳がありマス。
2012年、辰年に突如出現したという,
赤い目と細長く伸びた顔の「龍神様」。
柄杓で水をかけると、浮き上がってきマス。
龍神


そして本殿脇には、伊勢神宮をはじめ、
月読神社、厳島神社、諏訪神社などの摂末社が23社。
伊勢摂社


さて、参道を戻る途中に階段があり、ここを登ると
奥宮の遥拝殿がありマス。
三峯神社の奥宮は、ずっと向かいにある妙法ケ岳山頂にあるノデ、
ここから奥宮を遥拝します。
遥拝所

さっき言った通り、バスで100分登ってくるこの神社は、
標高1,100m! 遥拝殿からは下界が一望できマス。
遥拝2


えー、当初の計画では1時間で参拝し、
すぐ次のバスに乗る予定だったのですが、
いろいろ見るところがあって間に合わず、このバスをあきらめました。
次のバスはさらに2時間後!ガーン。

だいぶ予定が狂いはじめましたガ、
開き直って、このまま散策。そして直会(なおらい)。

いもでんがく
いもでんがく
奥秩父の名産、中津川いもを使った田楽で、
甘めの味噌ダレに山椒とエゴマの風味がほのかに。

そば
くるみ汁もりそば
同じく、秩父の名物らしいデス。(意外と普通)←ハードル上げすぎた。
 
三峯御朱印
三峯神社ご朱印。

さて、結局ここで3時間近く費やしてしまったノデ、
ここからダッシュで、次の目的地へ。

 

 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

秋野菜の炊き合わせ

本は若いうちに読んでおいたほうが絶対いい。

歳取ると老眼でピント合わないわ、目がしばしばするわ、
ホント、読むのが大変だから!



こんにちわ、ぼくデス。


今朝、スーパーに行きましたら
蓮根がなんだかすっごく神々しく光って見えたのですよ。
おいしそー。

なわけで今日の献立は
「秋野菜の炊き合わせ」。

当然、いつものごとく、簡単に。

①材料(蓮根、さつま芋、かぼちゃ、人参)を、
 食べやすい大きさにカットします。
 高野豆腐は水でもどしておきます。

②ほうれん草は茹でて、抵当な大きさにカットしておきます。

③①の材料を鍋にいれたら、ヒタヒタにお水を入れて
 白だし・砂糖・酒・味醂を適当に。
 最後にお醤油をちょこっと。

④鍋を火にかける前に、④の煮汁を③のほうれん草にかけて
 お浸しにしておく。

⑤蓋をして火にかけ、沸騰したら中火にして20分。

⑥水気を切った②の高野豆腐を鍋に投入し、しばらく放置。

⑦おさらに盛りつける時に、④のほうれん草を添えます。

炊き合わせ

出来上がり。

今日は、ヒマだったノデ、
カボチャは皮を葉っぱに見立てて、飾り切りにしてみました。

あ、人参以外は、ボク全部食べられマス。(ドヤ顔で!)

 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

豚バラとメークインの煮込み

「『ち』で始まって『ん』が真ん中にきて、
 最後に『こ』がつく言葉ってな~んだ?」


_人人人人人人人人人_
> ちりめんじゃこ! <
 ̄YYYYYYYYY ̄ 



こんにちわ、ぼくデス。


圧力鍋って、ほとんど放置な料理ありまして、最近、えらく活躍しておりマス。
なわけで、今日の献立は「豚バラとメークインの煮込み」。

例によって例の如く、相変わらずの手抜き。

①豚バラのブロック肉に、
 火が通りやすいように包丁で何カ所かブッ刺しマス。
 (いろんなことを想像しながら!!)

②臭み取りの生姜を入れて、ヒタヒタの水で圧力鍋で茹でマス。
 (圧力がかかったら加熱のまま20分放置)

③その間に、メークインは皮を剥いて、
 ボウルにいれ水にさらしてアクを抜いておきマス。
 人参もひとくち大に。

④20分加熱が終わったら、その鍋に、
 お砂糖・醤油・みりん・お酒を適量。
 それにメークインと人参をいれて、さらに加熱。

⑤圧力がかかってから20分加熱したら、蓋をあけて
 そのまま適当に煮詰めマス。(好みで)

出来上がり。
豚バラ

今日は、お醤油ベースでつくりましたガ、
ブイヨンを使って洋風にしてもOK。

余ったら、翌日はお肉を一口大に切ってから
市販のカレールゥをひとかけ足して煮込むと、
やわらか肉とジャガイモのカレーにも!

これで2日はイケます(笑)。 

 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

2014 お伊勢詣り④ (おはらい町〜熱田神宮)

こんにちわ、ぼくデス。

お伊勢詣り2日目の後半。

内宮のお詣りがすんだので、おはらい町で直会(なおらい)。

直会とは、正しくは
「神社における神事の最後に、神事に参加したもの一同で
 お神酒を戴き神饌を食する行事」なのですガ、
ぶっちゃけ、神事終了後の宴会(打ち上げ)デス(笑)。

な訳で、まずは、おはらい町のお団子屋で軽〜く3本ずつ食べてから、
お気に入りのフルーツラボへ。
今回頼んだのは、「フルーツ氷」。
一応、透析してるボクとしては、この後まだいろいろ食べたいノデ、我慢。
カミュ先生だけが頼んだのですガ、お店の人が気を回してくれたのか
スプーンが2つ、刺さっていました。

なにもそこまで!ってくらい、途端に嫌〜な顔をするカミュ。

フルーツ氷
フワッフワのかき氷に、自家製のフルーツソースと
角切りのフルーツがてんこ盛り。
おまけに、氷の中にも2段、さらにフルーツ!これ、おいしすぎッ!
(って、3口しか食べさせてもらえませんでしたガ)
今度は絶対にひとりでひとつ食べてやる!

それから、もはや恒例となった、五十鈴川を見下ろす「五十鈴川カフェ」でモーニング。
(アイスコーヒーとトースト、ゆで卵、マーマレード)
五十鈴カフェ
天気が良いノデ、テラス席が気持ちよかったデス。

そして、「五十鈴茶屋」でドラ焼きを。
ここのドラ焼き、「たからの山」というやつで、 とてもおいしいのですヨ。
dorayaki 1

ドラ焼き2
こし餡に、とら豆と大納言小豆の甘納豆をのっけて、
金箔をちろっとあしらっていマス。

これで直会は終了。
特急で名古屋へ戻り、荷物をコインロッカーに預け、
その足で、3大神宮のひとつ「熱田神宮」へ。

三種の神器の1つ、草薙剣(くさなぎのつるぎ)を祀るお社デス。
(ただし本当に剣が現存してるのかは秘密)
熱田1

熱田2
熱田神宮・本宮

それから、本宮の裏側まで続く『心の小径』を進んだところに鎮座する、
天照大神の荒魂を祀る摂社・一之御前神社へ。

ここは、いわば熱田神宮の最深部。
熱田神宮で最も神聖な場所とされ、今まで非公開となっていましたガ、
2年前から一般公開されるようになりました。
でも、やはり写真撮影は禁止デス。 

この一之御前神社に向かう手前に清水社というのがあり、
「お清水」という湧水がありマス。
中央にある石に、柄杓で水を3回かけると願い事がかなうそう。熱田3
さらに、この清水で顔を洗うと「綺麗(美肌)になる」んだとか。

ボク、なんだかすっごい命令口調で指示されて、
顔、洗いました。(いろいろ納得できない)。

それから参道に戻り、参道の途中にある「清め茶屋」で昼食。
きしめん
「宮」のきしめん(湯葉のせ)

きしめん、ちょっと侮ってた。
これ、すんごい、おいしいー♪

熱田朱印1
熱田神宮・ご朱印

熱田朱印2
別宮・八剣宮と摂社・上知我麻神社のご朱印

これにて全日程、つつがなく終了。
帰りの新幹線の中で、ケータイいじってたら
内蔵アプリの万歩計を発見。(はじめて見た!)
1日目が24000歩、2日目が21000歩でした。

ボク、ガンバったYO!



 
よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

2014 お伊勢詣り③ (内宮)

こんにちわ、ぼくデス。

なわけで、お伊勢詣りの二日目。
今回いちばん楽しみにしていた、早朝のお詣りに!

さすがに、おはらい町にも人がいない。
横丁
ガラーン。

鳥居
まずは一礼してこの大鳥居をくぐり、
宇治橋
宇治橋を渡りマス。


奉舞
 今日はお昼から「奉舞」の公開があるそうで、朝からセッティング中。

五十鈴川 みそぎ2
参道を進むと、さっき宇治橋で渡った五十鈴川が右手にみえてきマス。
この川岸まで行って、川の水で心身を清めマス。

また参道に戻ると、正宮までは一本道。
しかし、その前にお詣りすべきお社が。
瀧祭
さっきの五十鈴川御手洗場の近くに鎮座する、小さなお社ですガ、
「瀧祭神」といいマス。

観光客などはたいがい見過ごしてしまっているみたいで、
あまり立ち寄ってお詣りしてる人は少ないのですが、
ここは「おとりつぎさん」と親しまれているお社で、
『内宮(正宮)に詣でる前に滝祭神を参拝すると、
 天照大神に願い事を取り次いでくれる』と言われていマス。

なノデ、伊勢へお詣りする予定のある人は、見逃さないように!

さて、この先にあるのガ、天照大神のいらっしゃる内宮(正宮)デス。
ここも、五重もの板垣で囲まれていて、直接本殿を見ることはできまセン。
また階段を登った先に正宮はあるのですガ、階段を一段でも上がったら
写真撮影は禁止デス。

正宮
なノデ、階段下からズームで一枚。

次に、少し離れたところに鎮座する、別宮の「荒祭宮」へお詣りしマス。
荒魂
荒祭宮

正宮は、天照大御神の和魂(つまり神様の 穏やかな面の魂)が祀られた場所なので、
「日頃のご加護に対する感謝を神様に伝える場所」デス。

なので、個人的なお願いは、
天照大御神の荒魂(つまり神様の荒々しい活動的な面の魂)が祀られている
この「荒祭宮」でしマス。

内宮にも、外宮と同じように別宮がいくつかあるノデ、そちらもお詣りしマス。

内宮の中でも、とりわけボクが好きなのは、
神楽殿前から南に向かう参道にある風日祈宮橋(かざひのみのみやばし)。

風橋
 この橋を渡った先に風日祈宮がありマス。 

このあとご朱印をいただいたり、お札やお守りを買って
また宇治橋を通って、おはらい町へ。
内宮朱印

すっかりお腹もすいてきたノデ、
これから気合いいれて、おはらい町で「直会(なおらい)」デス。

 

 
よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

2014 お伊勢詣り② (二見浦)

こんにちわ、ぼくデス。

お伊勢詣り1日目の後半。

ランチを食べたボクらは、伊勢市駅からバスに乗り、
二見浦(ふたみがうら)へ。 

古来、伊勢神宮に参拝する前、また、祭典に奉仕する前に、
清き渚とされる二見浦で禊(沐浴)を行うのが慣わしとされた名所デス。

つまり、海!

バスを降りてちょっと歩くと、目の前に広がる海!
夫婦0

この海沿いの参道を進むとあるのガ、二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)。

そして境内(というか目の前の海)にあるのガ「夫婦岩」。
よくカレンダーとかで初日の出とかに使われるアレですよ、アレ。
spi_content3a
(↑こんな写真、見たことない?)

今日は快晴で、海もキレイだったノデ、思わずパシャリ。
夫婦1

この時期は、丁度この岩の間に、夕陽が沈むのが見られるそうなのですガ、
ボク、もう足がパンパンやら、眠いやらで、
夕陽はあきらめました。

帰りのバスまで時間があったノデ、海岸をブラブラしてたら、
なにやらいいカンジの建物が。

賓日館
賓日館(ひんじつかん)。

明治20年に、伊勢神宮の賓客の休憩・宿泊施設として建てられた
由緒ある建物だそう。(現在は資料館)

さすが、外国の要人や皇族の方々が泊まるだけあって、
120畳の大広間や輪島塗で装飾された床の間がある御殿の間など、
もうすごい、すごい。
まったく派手じゃなく、すべてが上品。そして高級。

ほかに来館者がいなかったノデ、
ふたりで小1時間、明治のセレブになりきって過ごしまシタ。
(ぼくら2人カツカツな暮らしをしているくせに、
 セレブ気分がおっそろしく得意なのデス。)

入館料はひとり300円。

これだけのものを見せられて、
そしてあんだけの気分を味わえて(勝手に!)、
たったの300円。ナイスだわー、ここ。

これで今日のコースは終了、またバスでホテルへ帰りまシタ。

お昼にプチ贅沢してしまったこともあり、
夕飯は駅前の「魚民」でッ!
伊勢まで来て 「魚民」ッ!
あれだけセレブ気分満喫したあとに「魚民」ッ! 

明日はまた早いノデ、お風呂入って、
ホテルの目の前のスーパーで買ったパイナップルをふたりで平らげ、さっさと解散。
それぞれの部屋ですぐにご就寝。

あ、これまでお寺のご朱印だけを集めてたのですガ、
今回から神社のご朱印にまで手をつけてしまいました。
(もうキリがないのですガ)

お寺と神社は、御朱印帳をそれぞれ別にしないといけないノデ、
外宮で購入。早速いただいてきまシタ。
あっさりしてるケド、お寺とはまた違った趣。 

外宮朱印1
外宮の御朱印

外宮朱印2
月夜見宮のご朱印。 

 

 
よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

2014 お伊勢詣り① (外宮)

こんにちは、ぼくデス。

なわけで、行ってきまシタ、お伊勢詣り。

前回が式年遷宮の前の年だったから1年ちょっとぶり。
遷宮の年は、すっごい混んでそうなノデ、ハズしましたが、
遷宮の翌年である今年は「おかげ年」といって、ご利益が増えるのだそう。

例によって例の如く、朝6時台の新幹線に合わせて
早朝からお弁当作り。
今回はこんな感じー。

弁当
・スモークサーモンとオリーブのペンネ(バジルソース)
・かにクリームコロッケ
・ポテトと南瓜とトマトのバルサミコ炒め
・スティック野菜のマリネ(胡瓜・パプリカ・ズッキーニ・人参・紫タマネギ・カリフラワー)
・和牛カルビ丼

名古屋から近鉄に乗り換えて、10時過ぎに伊勢市に到着。
とりあえず駅前の(例の!)ホテルに荷物を預けて
徒歩で伊勢神宮の外宮へ。(約10分足らず)

そもそも「伊勢神宮」の正式名称は、地名の付かない「神宮」(じんぐう)といい、
全部で125社から構成されていますガ、
中でも、主祭神の2体が祀られている正宮が、内宮と外宮。

皇大神宮:内宮(ないくう)
 祭神:天照大御神 (あまてらすおおみかみ)
 
豊受大神宮:外宮(げくう)
 祭神:豊受大御神 (とようけのおおみかみ)

この両宮を参拝する際は、外宮を参拝した後に内宮へ参るのがしきたりとされていマス。
(ぼく、何事もカタチからはいりマスw) 


って訳で、外宮へ到着。
外宮1

参道をずっと進むとみえてくるのガ、正宮ですが、
幾重にも板垣が巡らされており、拝所から直接見ることはできまセン。
そして手前の鳥居の内側からは撮影禁止。(これは内宮も同様)

外宮3

で、昨年の遷宮で新しく立て直された正宮ですガ、
このすぐ隣には、去年までの20年間、正宮があった場所(古殿地)があり、
ここには、小さな小屋が建ってマス。

この中にあるとされているのガ、心の御柱(しんのみはしら)デス。

神宮には、ぼくら一般人の知らない秘密がいっぱいあるのですガ、
中でも、「秘密中の秘密」といわれる「心の御柱」が中に入っているのがこの小屋デス。
式年遷宮によって、正宮を取り壊しても、心の御柱は古殿地に残し、
小屋まで作り、丁重に守られている「心の御柱」。
もうゾクゾクしマス。

今日はまた、陽の光がもろに当たって、
輝いてみえたノデ、実に神々しい。

 外宮4

正宮にお詣りをしてから、外宮の境内別宮3社にお詣りしマス。
 
外宮5
これは多賀宮。
新築の白木のお社に、陽光があたり、清々しさ爆発。

そして、別宮3社にお詣りしたあと、
いったん外宮を出て300mくらい歩くと、
もうひとつの別宮「月夜見宮」(つきよみのみや)。 
ツクヨミ1

ツクヨミ2
 最高神・天照大神(あまてらすおおみかみ)の
弟神の月夜見尊(月読)がご祭神デス。

ここで時間も13時。
外宮参道に戻って、創作鉄板ビストロ「鉄饌~tessen~」でランチ。
ふたりでちょびっとずつ、松阪牛を堪能。
ここ、かなりおススメです。

昼食を済ませたら、次の目的地へ向かいマス。

 

 
よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

シングルシングル

日本「Windows XPのサポート続けて下さい」 
北朝鮮「Windows 95で作ったミサイル配備システムが動きません」 
中国「Windows 9作りました」 

韓国「Windowsの起源は韓国」 



こんにちわ、ぼくデス。


ことの起こりは、ひと月前。

9月末にまたカミュとお詣り旅行に出かけようということになったんですガ、
目的地は決まった!新幹線の切符も取った!(もちろん手帳で半額!)

がっ!

ホテルが、な・い・ッ!

うそぉぉぉん。

いっくら探してもホテルが空いてない。

ボク「ホテルがどっこも空いてまセン(泣)」
カミュ 「じゃ、2〜3駅手前の駅で探せば?」

鬼検索。

ボク「そこもホテルがどっこも空いてまセン(泣)」
カミュ 「もう1回、よく探せば?」

鬼検索。

ボク「目的地んとこだけど、シティホテルなら空いてるみたい」
カミュ 「じゃ、それで。」
ボク「ただ…ですねー。空いてるのがですねー、
   ツインではなく、ワンルームなんですよー。」

ワンルームというのは、つまり
カップルや夫婦用に、シングルの部屋に2人でお泊まり、というプランなのデス。

ずいぶん昔、女友達と旅行に行った時に、その意味もわからず
「安い!」ってだけでホテルとったら、ビジネスホテルのワンルームプランで、
仕方なくボク、ソファーで寝たことありまシタ。


ボク「一応、スーペリアなノデ、ベッドは大きいみたいなのですがー。」
カミュ 「あ・り・え・な・い・ッ」
ボク「ですよねー。ですよねー。
   でも、ツインのホテル、もうどっこもないんですがー。
   空いてるのは全部シングルばっかりで。」

カミュ 「へ?」
ボク「だからー、空いてるのは全部シングルばっかりでー」

カミュ 「なら、シングル2部屋取ればいいだけじゃん」

ボク「あ・・・」

single


ボク、毎回毎回、旅館かツインでしか泊まってないノデ、
2人→シングル2部屋って、考えがゴソッと抜けておりまシタ。
そっちの方が宿泊費、高い(と思う)しー。

なんか、ひとつオトナになった気がいたしまシタ。

 
 
よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

謎。

若者がメモリ増設作業に4千円払うお年寄りを笑い、
お年寄りが浴衣の着付けに7千円払う若者を笑う。

こんにちわ、ぼくデス。 


なわけで、 
敬老の日の今日は、ぼく、ひさしぶりに新宿で親友と遊んでたのですガ。

帰宅後、さてお風呂にはいろうかなーと思って
靴下を脱ぎましたら、
足に青アザが。


3


ぶつけたわけでもないですし。

てか、どこをどうしたら
こんなところに、こんなヒドイ青アザができるのでしょうか。

謎デス。


 ↓

 ↓

 ↓

 ↓




DSCF9326


 

 
よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
プロフィール

ぴぃ