朝~。
ひとっ風呂浴びて、早めの朝食を済ませたら
8:30の送迎バスで鳥羽駅に。
そこから近鉄で伊勢市駅へ行って、ロッカーに
キャリーバッグを預けてからバスで内宮へ。

宇治橋。
今日は冬至なノデ、早朝だとこの宇治橋と鳥居の真ん中から
朝日が昇る美しい風景が見られるそうデス。
IMG_1974

GoToの停止や平日ということもあって、境内はかなり空いてまシタ。
IMG_1975

境内を流れる五十鈴川の御手洗場。
9ab2f962

ボクらはいつも普段身に着けてる勾玉のペンダントを
この清流で清めてマス。
(なんつーか、気持ちの問題?)
IMG_1976

内宮・御正宮
IMG_1978

よく、内宮はお願いごとをするところではないと言われますガ、
伊勢というのは不思議なところで、
正宮を前にすると本当に「感謝」しか心に浮かんできまセン。

「来させていただいてありがとうございマス」
「日本を見守っていただきありがとうございマス」

本当にそれしか浮かんでこないのデスヨ。

ここから荒魂をお祀りしてる荒祭宮(ここではガッツリお願いごとしマス)、
風日祈宮とお詣りし、授与所で角祓、御守、御朱印をいただきマス。
IMG_1984

寒かったけど、空が本当にきれい。
IMG_1985

おかげ横丁へ出て、毎度のフルーツラボへ。
冬なのでフルーツ氷の代わりに、
先生はフルーツババロア、ボクはクラッシュフルーツゼリーを。
IMG_1987

ゼリーはまぜまぜしてたっぷりのフルーツでいただきマス。
DSC_0733

至福!
東京にあったら週2で通うのになー。

ここから徒歩で猿田彦神社へ。
IMG_1988
ご祭神の猿田彦大神は、
物事を良い方向へ導いてくれる「みちひらき」の神様デス。
こんな世の中ですノデ、是非、明るいみちひらきを。

IMG_1989
境内にある、宝船に似ていること(=舟形)から名づけられた「たから石」。
金運をもたらす白蛇が石の上に乗っているように見える、
縁起のいい石です。

ここからさらに歩いて、
内宮の別宮のひとつ「月讀宮」へ。
IMG_1992

内宮にも似た静かな木立の参道を抜けると、
境内に四別宮が祭られていマス。
IMG_1994
IMG_1995
4つの社殿が並ぶ姿は壮観で美しい!

気をつけなければならないのは、
この4つの社殿のお詣りの順番デス。
右から
①月讀荒御魂宮②月讀宮
③伊佐奈岐宮④伊佐奈弥宮と並んでいるのですガ、
②→①→③→④の順でお詣りしマス。
IMG_1993

ここからまた徒歩で五十鈴川駅へ。

駅前のオランジェ カフェウッドでひと休み
121

伊勢抹茶のジャーケーキがおいしくて、
留守番の母のお土産用にテイクアウトも。
DSC_0735

ここから伊勢市駅へ戻り、ロッカーから荷物を引き上げて帰京の途へ。
DSC_0738


Go Toの利用もこれで4回目。

すでに2回利用した都内の高層ホテルも、
先月の会津若松も、今回の鳥羽も、
宿泊客を迎える側は本当に徹底した感染症対策を講じていマス。
館内のいたるところにアルコールスプレーが置かれているし、
従業員の方たちの気遣いも本当に頭が下がるほどデス。

それでも残念なことに、大声で話すグループ客がいたり、
感染症対策のために「御朱印は書き置きで」と書いてあるのに、
直接書いてもらわないと嫌だ、と朱印帳を差し出す人がいたり、
という場面に出合いマス。

・・・今やるべきことができないおまえらは家にいろ!

宿泊施設やそこのスタッフだけでなく、
仕入れ先や各取引先、さらには近所の店舗まで、
ひとの流れを止めることの大きさを、改めて肌で感じマス。

観光地という立地に胡坐かいて
ぼったくりみたいな値段つけちゃってさー、なんて
ひどいことを思うことも、これまでにちょいちょいあったボクですが、
あー、みなさん、なんとか頑張ってくだサイ。

1日おきの透析で、なかなか気軽に旅行に行けないボクですガ、
働いてー、貯めてー、またどこか遊びに行きマス。先生と一緒に。