二日目続き

奥の院と共に「高野山の二大聖地」と言われる壇上伽藍にいきます。

高野山を開創した空海が、真っ先に整備へ着手した場所で、
【胎蔵曼荼羅】の世界を表しているといわれていマス。

中門。
IMG_1710
大火で焼失してしまったのを、
高野山開創1200年を記念して170年ぶりに、再建されました。
出来立てほやほや。

金堂。
IMG_1716
平安時代半ばから、高野山の総本堂となるお堂で、
高野山の行事の大半がここで行われるという重要な場所です。

壇上伽藍のシンボルとも言える根本大塔。
IMG_1711

IMG_1719
堂内は、立体の曼荼羅として構成されていて、
胎蔵界の大日如来を本尊に、金剛界の四仏が囲んでいます。
またそれを囲む16本の柱には、それぞれ大菩薩が描かれています。 
img006
(参考写真)
 
ここから境内続きの蛇腹道を通って、
総本山 金剛峰寺へ。
IMG_1720

ちなみに、総本山金剛峯寺という場合、この金剛峯寺だけではなく高野山全体を指します。
普通は、お寺=一つの建造物、境内=その建物の敷地 といいますが、
高野山は「一山境内地」。
つまり、高野山の至る所がお寺の境内であり、高野山全体がお寺なのデス。
IMG_1721

石庭としては日本最大の「蟠竜庭(ばんりゅう亭)」。
IMG_1723
蟠竜とは、とぐろを巻いて地面にうずくまり、まだ天に昇らない龍の事を指します。
この庭は、雲海の中で、雄雌一対の蟠竜が向かい合い、
本山奥殿を守護する龍の姿が表現されていマス。
(向かって左に雄、向かって右に雌だそうデス)

この後、遅めの昼食。

全体的に、どこ行っても高野山価格というのは聞いていましたが、
唐揚げ定食が1750円って!!

なのに、なぜかカツカレーは870円。これでしょ。
123
学食みたいなカツカレーでなんか懐かしかったです。
(褒めてマス)

その後、高野山の霊宝館を見て、ブラブラと散策をしながら
今日泊まる、宿坊へ戻りました。


続く