先週、また伊勢に行ってまいりました。

先生とじゃないですよ。

母とです。
「人生、一度はお伊勢参り」と言われていますし、
この4月に77歳の喜寿を迎えたので、
たまには親孝行、と伊勢へ連れてきたわけです。

母にとっては初・伊勢でございます。

が、初日はあいにくの雨。
外宮

外宮へお参りだけ行って、午後2時にはホテルへ向かいました。

77歳のバァさんを、ビジネスホテルに泊まらせるわけにもいかず、
今回はちょっと奮発してみました。

「斎王の宮」。
以前から気にはなっていたのですが、先生とは決して来れないホテルなのです。
(理由は後から分かりマス)



送迎バスを降りると、本館ロビーを抜け、
別館専用のロビーでチェックイン。
紅谷さんの枇杷の形をした和菓子をいただきました。
ロビー

そのあと、長い渡り廊下を通って別館へ。
玄関

お部屋はこんな感じ。
部屋

今回は母のために特別室をとったのですが、
このホテルは全室、「天蓋つきベッド」なのデス。

小上がり仕立ての和室とマッサージチェア。
テラスにはジャグジーもついております。


わかるでしょ?
こんな寝床のあるホテル、おっさん二人で泊まれますか!ってーの。

部屋で一息ついたら、階下のスパ&エステへ。
ここで1時間ほど、岩盤浴の予約を入れておきました。
岩盤浴

母にとっては初めての岩盤浴。
岩盤浴はサウナと違って室内が高温にならないので、
年寄りでも安心して利用することができマス。

先に母を寝かせて、半筒状のカバーを首まで引き上げマス。

ここでつい、一言。
「ご出棺です。皆様、最後のお別れを。」

母、大爆笑。
「きっと、こんな感じなのねぇ〜w」


いつ死んでもおかしくない高齢の母と病気持ちのボクの二人の間では、
すでに「死」の話題はタブーでもなんでもなく、
ここ4〜5年、死すらネタにしかならなくなってマス。

いや、最近マジで二人で終活始めるつもりだしw


(続く)