フォロワー整理しようと思って、
ドギつい下ネタだけ呟いてたら、
逆にすっげフォロワーが増えまシタ。



こんにちわ。ぼくデス。

な訳で、透析もまるっと3年。
今年で4年めに突入したのデスガ。

んー。快適!とまではいかなくてもかなーり順調な
透析ライフを過ごしてきたボクなのデスガ、
昨年末から、何やら怪しい雰囲気。

ボク、自慢じゃないですケド、
もう20年前からの筋金入りの「高血圧!」(ドヤ顏で!)

通常血圧は、135/85mmHg 以上が高血圧と言われますガ、
ボクは特に冬なんか160/100mmHg なんてあったりまえ!な感じで、
日頃から降圧剤とか飲んでたのですが。

始まりは去年の12月。

いつものように透析終わって帰ろうと、
ベッドから降りた途端、
背後から伸びてきた腕に掴まれ、
地面に引きずり込まれるように、ペタンと尻餅。

あれ?カラダが動かなくない?なんて思ってたら
気がだんだん遠くなってきて、
あれよあれよとベッドに逆戻り。

そう、これがあの名高い「透析による低血圧」なのね。。。。

話にはよく聞いていたけど、もともと高血圧のボクには
一切関わりのない話だと思っていたのだケドなー。
…そうなのですよ、透析中に血圧が著しく下がることがたまにあるのです。
ひどいと、そのままお亡くなりになる場合もあったりするとか。
 

この時の血圧は80/60mmHg。
普段の半分よ、半分(笑)。

この日はこのまま300mlほど点滴をして90mmHgまで上がったところで、
チャリを病院において、無理やりタクシーで帰宅させられまシタ。

オォ、低血圧なんて、一生縁がなかったと思ってたのに、
なんか、珍しい体験しちゃったなぁー。ウヒャヒャヒャ。


なーんて気楽に考えてたのデスガ、
こんなことがこの後、数回続いて、さすがにちょっとヤバいかも。
なんて思い始めてた矢先、

家でシャワーを浴びてる最中に、なんかフワっと
「低血圧、整いました!!」なんて感じがして
これは、ヤバい!と慌ててしゃがみこもうとした(ところまでは記憶にあるのデスガ)、
気がついたら、シャワー出しっぱなしで
浴室で完全に横たわっておりました。

初めての失神(///)

というわけで、あれか二か月。
ドライを2kgも上げてもらったのデスガ、
(体重を増やすと低血圧が改善される場合もありなので)

未だに、始める前は130/80mmHg、しっかりとあるのに、
だいたい透析が終わる10分前には80/60mmHg。
で、終了を待たずに、除水終了。
でもって、タクシーで自宅送還。

この2か月、こんなんばっか。
この前なんて、これよ、これ(笑)。
DSC_0020

この日はさすがに、自主的にタクシー呼んだデスヨ。
アハハハハ。

おかげで、先月の、比較的体調が楽だった日曜日に、
頑張ってカミュ先生の部屋に遊びに行ったのに、
ドアの前で力尽きてそのまま先生んとこで
夕方まで寝込んでた、とかね。

「お前、何しに来たの?」って言葉がまぁヒンヤリと響きましたワ。


このワタクシが低血圧なんて!!!
稀勢の里が栄養失調!くらいに、ありえないんだケド。

んー、なんか人生いたるところに落とし穴があるもんダ。




 


 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村