今年も半分終わりまシタ。
こうやってあっという間に減っていくものなのですね、


寿命って。




こんにちわ、ぼくデス。


なわけで、週末は先生と浅草の植木市へ行ってきまシタ。

この植木市は、
浅草寺裏の浅間神社の周辺で、
毎年五月と六月の最終土曜日と日曜日に行われる
浅草の夏の風物詩のひとつデス。
DSC_0587

浅間神社は富士塚があることから「お富士さん」と呼ばれていますが、
この時期は植え替えに適していることから、
「お富士さんの植木市」で買った植木はよく根付く、といわれていマス。


ちょうど一か月前に引越しをし、
あらかた各部屋の片づけができたところで、
先生の「植物育てたい欲」が一気に噴出しましたノデ、
まさにグッドなタイミングでありまして。

まぁ、先生にとってはグッドなタイミングなのですガ、
ぼくには、かーなーり、バッドなタイミングでありまして、
前日の夜に、ボク、おにぎりを食べてましたら
バキッというかすかな音とともに、
上前歯のブリッジが取れてしまったのですヨ。

ブリッジといっても、1本2本の騒ぎじゃござーせん。
ボクのブリッジは前歯6本一体型でありまして、
_20190629_231000
 これが取れたということは、、ほぼほぼ歯抜け。

食べることも話すことも厳しく、
とてもじゃないけど、出かける気分になんかならないのですガ、
ま、家にいても歯が生えてくるわけじゃないしー、と3秒で諦めて、
翌日の植木市、ということになりまシタ。
もちろんマスク必須デス。


植木市は
ハッキリ言って、メチャクチャ楽しいデス。
テンションあがりっぱなし。
DSC_0589

まずはひと通り、沿道に並ぶ植木商の出店を見ながら
一往復します。
これだけでも、目はかなり肥えてきて、
次の二往復目で大体、自分の気になるお店がピックアップできます。
DSC_0588

そっからは吟味&吟味です。
植木の種類はもちろん、全体の形や枝っぷり、
植わっている鉢の色形、そしてお値段。

見るところは山ほどあるのですが、
これだけのお店が揃っていると、見つかるものですよ、
自分の理想に近いものが。

数あるお店の中で、
ボクと先生が、ここで!と決めたお店は偶然にも一致。

まぁ、ひいき目なしに見ても、
ダントツでセンスのいいものばかり置いてあるお店でしたけどね。

ちなみに、我が家にお迎えしたのは、これ。
DSC_0592
初めての黒松デス。3,500円。

DSC_0591


お店のおニイさんに話を聞くと、
普段は卸専門で、小売りはしたことがないのだけど、
自分で作りたいものを作ってみたい、と思って
今回、初出店したんだそう。

この人の作品は、本当にどれも素敵で、
また来年も買いに来たい、と伝えたら、
「来年も出店します」と言っていたので良かったー。

絶対行く!来年も!

ちなみに先生は1,500円の
ジャカランダと山モミジの2鉢を購入。


丁度、ふたりの買い物が済んだころ、
小雨が降り出したので、浅草ROXのドトールに避難。

いい買い物ができた、と喜びながら
コーヒーを飲んでいたのですガ、
珍しく先生も終始ニコニコ。
いつものような小言も嫌味も出まセン。

(あー、欲しかった植木が買えて喜んでるんだな)と
ボクもうれしくなっていたのですガ、

先生が楽しそうに笑いながらひと言。
 

「さっきから、よく恥ずかしげもなく
 その口で大口開けて喋ってられるねー」



・・・忘れてた。
歯、ないんだった。

(外から見えるのは1本だけ)


ねぇ、さっきから
それで笑ってたの?あんた。


さすがにボク、きつく言ってやりましたよ。

あなたね、来月の帰省中、
その植木の世話は誰がみてあげると思ってんの?
え!言ってごらん!
それが理解できたら、頭下げてみ!ほら!ほら!

ってね。

もちろん、心の中で。