子供がノロウィルスにかかって会社休んだ母親が、
「ご迷惑おかけました〜♪」と出社日に手作りクッキーを社員に配って

全員感染というバイオハザード。



こんにちわ、ぼくデス。

なわけで、この前の昼休みに
日本橋の高島屋へブラブラと散歩にいきました。

ここのエレベーターは、昔のあの
ガシャッンって閉まる、金属の柵がついてるレトロなヤツ。
エレベ

もちろん、セルフではございまセン。 
昔ながらのエレベーターガールがちゃんといマス。
(ちなみに、日本橋高島屋は重要文化財に指定された建築物デス)

で、上の階へ行ってみようかなぁと思いエレベーターに乗ったら、
女性の2人組が向こうの方からもうダッシュ。
すごい勢いで乗り込んできました。
(・・・別に、すぐに隣のエレベーター降りてくるじゃ。バカか!)

すると、その2人組が
「ご利用階数をお知らせください」と微笑むエレガに、
「三重県展は何階ですか?」

エ「え・・・」
女「だ・か・らっ!三重展!三重の物産展は何階!?」
エ「・・(困惑)」

三重展のチラシをエレガに突き付けんばかりして
明らかにいらだつ2人組。と、困ったようなエレガ。

そこに、フロアで客をエレベーターに誘導している先輩らしきエレガが
「どうしたの?」とエレベーターの中を覗き込みました。

エ「こちらのお客様が・・・」
女「これ!この三重展に行きたいんだけどっ!」

すると、先輩エレガが、
まるで薔薇を背負っているかのような優美な笑顔で、





あんそにー


女性たちは無言で、エレベーターから降りて、
また猛ダッシュで玄関に向かって駈けていきました。

すげー、日本橋!

とひとりほくそ笑んでいましたら、
ボクの後ろの方に乗っていたメチャクチャ品のよさそうなジジが。
「なんじゃ、ありゃ」

すると、その隣にいた、ジジよりさらに数段品の良さそうなババが、

「イナカモンでしょ。」

すげー、日本橋!

すげー、すげー。
なにがなんだかわからんケド、楽しかったゼ、日本橋高島屋。





 
 よかったらクリックお願いしマス。↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村