靴下は、色柄にこだわらず、
同じものだけをずーっと買ってれば、
どれかに穴が開いても、片足だけ捨てて
しれっと他のと組み合わせて履けるし、
一度に何足も洗濯しても、畳むのがラクチン。

こんにちわ、ぼくデス。


なわけで、
外出自粛の日々、暇に飽かせて
マスクを作っておりましたが、
いよいよダブルガーゼの在庫も底を尽きてきて、
昨日裁断したのが多分最後。

あー、これ使い切ったら、
僕どうやって連休を過ごせばいいの!?
だらしないくせに、昼寝とかゴロゴロが苦手なボク。
前世はきっと超売れっ子アイドル。馬車馬。

で、見つけたのが晒。しかも特岡。
普通の晒に比べ、糸の密度が濃く、
肌触りも段違いに上質なので、これは使えるな、と。

ということで、早速、試作作りを開始。

①まずは長方形に裁断し、周囲をミシンでジグザグ縫い。
 糸のほつれを留めます。
DSC_0654


②山折り&谷折りでプリーツを作り、アイロンをかけ
 マチ針で仮留め。
DSC_0656

③プリーツを固定するために両脇をミシンがけ。
DSC_0657

④中表に二つ折りして端をミシンがけし、
  輪っかにしマス。

⑤輪っかをひっくり返して、表を外に出したら完成。
DSC_0659

これは、使い捨てマスクのカバー。
中に不織布のマスクを入れて使いマス。
DSC_0660

汚れたら、カバーだけを洗ってアイロンがけすれば
いいので、使い捨てマスクを長く使うことができマス。

これまで作った花柄やカラフルな立体マスクは、
さすがにメンズ向きではないノデ、
自分用に、いくつかこれを作っておくことにしマス。

でも、これだけで連休をしのぐにはちょっと無理が。

一応ね、本も読んでるんですけどね。
ここ数年、文庫本を1日1冊ペースで。