雨の日は雨を愛す。

人生、晴れの日ばかりじゃないから、雨の日は雨を楽しむ。感謝する。
2014年に透析ライフがはじまった、言うことだけは綺麗で一丁前なぼくの透析ブログなのデス。フフーン。

館山 安房神社

こんにちわ、ぼくデス。


先日の台風で甚大な被害を受けて、
今もなお、停電や断水で困っている方が大勢いる南房総。
お見舞い申し上げマス。

1週間後にそんなことになるとは露知らず、
ボクらが南房総・館山に行ったのは今月1日のこと。

朝9時過ぎ。
東京駅から高速バスでアクアラインを通り、
一気に館山まで向かいます。約2時間。
1
そこからローカルバスに乗り換えて20分。
「安房神社前」で降車しマス。

そう、今回の目的はこの「安房神社」。

あの船井総研の創始者が、
「お金に困りたくなかったら、ここをお参りすると良い」と挙げた、
3つの神社のうちのひとつが、この館山の「安房神社」なのデス。

お金に汚い、お金と末永く仲良くなりたいボクとしましては、
ぜひとも一度、お詣りしたかったのデス。
(最近、LOTOがかすりもしないノデ)

また安房神社は、イヤシロチとしても有名デス。

「イヤシロチ(弥盛地)」とは、簡単に言うと
“心地よい場所”、“生命力が盛んになる場所”のこと。
(反対に「気枯地(ケガレチ)」というのもありマス)
2

なるほど。
バス停から数分歩いて、大鳥居をくぐり参道を通り、
境内に一歩足を踏み入れると、空気が一変しマス。
3

ボクも先生も、何かが見えるようなタイプではなく、
ごくごく普通の凡人なのですガ(プライドの高さだけ超人)、
それでも、各地の神社とかを回っていると、
たまにあるんですよ。
「あ、ここ空気が違う」って感じるところが。

うまく説明できないのですガ、
足を踏み入れただけで、体の中からよくないものが抜けて
浄化されていくように感じる場所が。

安房神社もそんな場所の一つでシタ。


そして、境内の階段を上り拝殿へと向かったのですガ、
ボク「あ…。」
先生「…うん」

何度も言いますガ、
ボクも先生も、ごくごく普通のつまらない凡人なのですガ、
それでも、各地の神社とかを回っていると、
たまにあるんですよ。
「あ、いらっしゃる」って感じる時が。


先生「写真、撮らせてもらったら?」
ボク「うん」

「今日はお詣りに来させていただいてありがとうございマス」

そう言って撮った拝殿の写真がこれ。
4
 中央、わかります?

そして先生がお詣りしてる時に撮ったのがこれ。
5
バッチリですやん。


もう立っているだけでジリジリと肌が焼けるような暑さなのに、
神社の境内はまるで避暑地のように涼しく、風も気持ちよく
このまま昼寝したくなるような居心地の良さでシタ。

今回はここへのお詣りだけが目的だったので、
特に寄り道もせず、また高速バスでまっすぐ東京へ帰ってきましたが、
機会があったら、もう一度是非お詣りしたくなる神社でシタ。

安房神社のご祭神、天太玉命(アメノフトダマノミコト)は、
すべての産業の祖神だそうで、
とくに、企業繁盛、事業繁栄、技術向上などにご利益があり、
夢の実現へのパワーを授かりたいとき、
新しく何かを始めたいときに、お詣りするといいそうデス。


ちなみに、折角のこの大金運パワースポットに、
一攫千金を目論んで  夢見てお詣りに行った筈なのですが、
あまりの心地よさと、姿が見えないけどなんかいる感に呑まれて、
金運向上のお願いひとつすることさえ忘れて、帰ってまいりまシタ。
(帰りのバスの中で気づいた)


安房神社はもとより、南房総の皆様のご無事と
復興を祈っておりマス。 

自由研究

ブリッジが取れてしまい、入れ歯(仮歯)になったら、
恐ろしく滑舌が悪くなって、

OK、googleが、まともに
相手にしてくれなくなりまった。

こんにちわ、僕デス。


な訳で、お盆休みは
甥っ子(小5)と、姪っ子(中2)の自由研究のお手伝い。

今年は甥っ子のは
グリセリンソープと食紅、ラメで作る
「鉱石っぽい手作り石鹸」。


グリセリンソープを溶かし、食紅で色付け。
ビニール袋に注いだら、ラメをちょこっと足したりして、
さらに溶かしたソープを投入。

それを氷で冷やしたら出来上がり。

固まったら、鉱石風にカットして、
それっぽくディスプレイ。
IMG_1812


 姪っ子のは、
「コーンクリーム缶で、コーンフレークは作れるか」。

コーンフレークというくらいだから、
缶詰のコーンクリームを原料に、
コーンフレークが作れるのではないか?という実験。

 ザルで漉したコーンクリームに小麦粉やハチミツを足して、
クッキングペーパーに薄く伸ばして、
レンジでうまいこと乾燥。

パリパリに乾燥できたら、砕いて出来上がり。

ちょっと焦げたけど。
IMG_1827


おじちゃんは、とてもガンバりましたよ。今年も。
 

津軽三味線

◯ャニーさんの家族葬に、呼ばれなかったんスけど、
どうやら、ぼくのジャ◯ーズ入りは、
事務所的に、なかったことにされているらしい。

ボクも入った記憶ないケド。



こんにちわ、ぼくデス。 


な訳で、ついにご購入いたしまシタ。
DSC_0590

胴かけと天神カバーは、鼈甲(べっこう)。
棹は紅木。
糸巻きは、象牙調の素六。
IMG_2019-07-07_15-42-38

撥も鼈甲。
DSC_0594

格好いい。
痺れるー。

そして、何よりも、持ち運ぶが簡単なのがいい!
場所も取りません。


ほらね。
DSC_0595


津軽三味線ガチャ(¥500なり)





 

浅草 お富士さんの植木市

今年も半分終わりまシタ。
こうやってあっという間に減っていくものなのですね、


寿命って。




こんにちわ、ぼくデス。


なわけで、週末は先生と浅草の植木市へ行ってきまシタ。

この植木市は、
浅草寺裏の浅間神社の周辺で、
毎年五月と六月の最終土曜日と日曜日に行われる
浅草の夏の風物詩のひとつデス。
DSC_0587

浅間神社は富士塚があることから「お富士さん」と呼ばれていますが、
この時期は植え替えに適していることから、
「お富士さんの植木市」で買った植木はよく根付く、といわれていマス。


ちょうど一か月前に引越しをし、
あらかた各部屋の片づけができたところで、
先生の「植物育てたい欲」が一気に噴出しましたノデ、
まさにグッドなタイミングでありまして。

まぁ、先生にとってはグッドなタイミングなのですガ、
ぼくには、かーなーり、バッドなタイミングでありまして、
前日の夜に、ボク、おにぎりを食べてましたら
バキッというかすかな音とともに、
上前歯のブリッジが取れてしまったのですヨ。

ブリッジといっても、1本2本の騒ぎじゃござーせん。
ボクのブリッジは前歯6本一体型でありまして、
_20190629_231000
 これが取れたということは、、ほぼほぼ歯抜け。

食べることも話すことも厳しく、
とてもじゃないけど、出かける気分になんかならないのですガ、
ま、家にいても歯が生えてくるわけじゃないしー、と3秒で諦めて、
翌日の植木市、ということになりまシタ。
もちろんマスク必須デス。


植木市は
ハッキリ言って、メチャクチャ楽しいデス。
テンションあがりっぱなし。
DSC_0589

まずはひと通り、沿道に並ぶ植木商の出店を見ながら
一往復します。
これだけでも、目はかなり肥えてきて、
次の二往復目で大体、自分の気になるお店がピックアップできます。
DSC_0588

そっからは吟味&吟味です。
植木の種類はもちろん、全体の形や枝っぷり、
植わっている鉢の色形、そしてお値段。

見るところは山ほどあるのですが、
これだけのお店が揃っていると、見つかるものですよ、
自分の理想に近いものが。

数あるお店の中で、
ボクと先生が、ここで!と決めたお店は偶然にも一致。

まぁ、ひいき目なしに見ても、
ダントツでセンスのいいものばかり置いてあるお店でしたけどね。

ちなみに、我が家にお迎えしたのは、これ。
DSC_0592
初めての黒松デス。3,500円。

DSC_0591


お店のおニイさんに話を聞くと、
普段は卸専門で、小売りはしたことがないのだけど、
自分で作りたいものを作ってみたい、と思って
今回、初出店したんだそう。

この人の作品は、本当にどれも素敵で、
また来年も買いに来たい、と伝えたら、
「来年も出店します」と言っていたので良かったー。

絶対行く!来年も!

ちなみに先生は1,500円の
ジャカランダと山モミジの2鉢を購入。


丁度、ふたりの買い物が済んだころ、
小雨が降り出したので、浅草ROXのドトールに避難。

いい買い物ができた、と喜びながら
コーヒーを飲んでいたのですガ、
珍しく先生も終始ニコニコ。
いつものような小言も嫌味も出まセン。

(あー、欲しかった植木が買えて喜んでるんだな)と
ボクもうれしくなっていたのですガ、

先生が楽しそうに笑いながらひと言。
 

「さっきから、よく恥ずかしげもなく
 その口で大口開けて喋ってられるねー」



・・・忘れてた。
歯、ないんだった。

(外から見えるのは1本だけ)


ねぇ、さっきから
それで笑ってたの?あんた。


さすがにボク、きつく言ってやりましたよ。

あなたね、来月の帰省中、
その植木の世話は誰がみてあげると思ってんの?
え!言ってごらん!
それが理解できたら、頭下げてみ!ほら!ほら!

ってね。

もちろん、心の中で。

2019 初夏の箱根

5月の半ば。
4時過ぎの早朝ニュースで、箱根の噴火レベルが上がり、
ロープウェイが全面運休、とかってやってる中、
行ってまいりましたよ、箱根。
ドストライク。

まぁ、母と二人、温泉でのんびりしようということで、
箱根湯本駅と旅館の往復のみ。観光一切なし。
旅館のチェックインの時間に合わせ、
ロマンスカーも正午過ぎの便という日程なので、とにかくノンビリ。

とりあえず、小田急百貨店の中にある喫茶店で
朝食兼昼食を食べ、店内を軽くブラブラ。
すると、気に入った洋服を見つけ、試着。
そして、ためらいもなく買う母。
 
(え?いま?今じゃなきゃダメ?)


予定外の荷物が増えたまま、ロマンスカーで箱根へ。

本日のお泊りは、箱根の「花紋」。
駅から電話すると、車で迎えに来てくれたのですガ、
・・・リムジン(笑)。
rimu 2

リム1

駅から車でたった5分ほどなのですガ、
数分の贅沢。。
(貴族なボクは、いつも馬車か牛車を使っているノデ、また違った乗り心地でシタ。)


部屋は最上階特別フロアの「六花(rocca)」。
自家源泉かけ流しの露天風呂付きのお部屋デス。

廊下の天井の高さから、違う(笑)。
廊下

部屋に入ると、ウエルカムドリンク&ウエルカムフルーツ。
フルーツ 
毎日、これでもかってくらいにフルーツを食べるボクらにとって、
旅行先って、なかなか生のフルーツを食べられるタイミングがないので、
これは有り難いデス。
 
へ3

へ2

ガラスの仕切りの向こうには
竹林と露天風呂。
へ4

この昼寝チェア?がめちゃくちゃ気持ち良いのデス。
昼寝

温泉はいって、ゴロゴロ&ダラダラ。
あー、人間がダメになっていくか、心がリセットされるかの
ガッツリ、境目の時間。

夕飯は食事処で。
飯4 飯2

飯1 飯3

六花の宿泊者限定とかで、
生湯葉とウニの一皿もサービス。
うに

部屋でまたひとっ風呂あびて、就寝。

なぜか、夜中3時に目が覚めてしまって、
こっそりと2階にある大浴場へ。

いろんなお風呂があるので、
誰もいないのをいことに、裸で駆け巡る。



翌朝は、楽天の全国朝食ランキングで
一位をとった名物の朝食をいただき、
また部屋&お風呂でゴロゴロしながら11時にチェックアウト。

夕食と朝食の量がすごすぎて、もうなにも食べられず。
自宅最寄駅でスイカ半玉とブドウと苺を買って、帰宅。


そういえば、まだ箱根神社とか行ったことがないので、
次はぜひ先生と行ってみよっかな。







プロフィール

ぴぃ