雨の日は雨を愛す。

人生、晴れの日ばかりじゃないから、雨の日は雨を楽しむ。感謝する。
2014年に透析ライフがはじまった、言うことだけは綺麗で一丁前なぼくの透析ブログなのデス。フフーン。

【7日間ブックチャレンジ】 4days

Day4 ー最も愛すべき本ー


「父の詫び状」 向田 邦子著
IMG_1915

この本についてはとくに書くことはありません。
でも、いちばん懐かしく、いちばんくすぐったく、
そして温かな一冊。

どうして向田邦子が好きなのか。
どうしてこの本がこんなに好きなのか。

答えはわかっています。


ボクの記憶の中の「家族」がここにあるから。

まるで自分の家のアルバムのように。

 

【7日間ブックチャレンジ】 3days

Day3 ー最も読み返す本ー
 

「自省録」 マルクス・アウレーリス著
DSC_0672

五賢帝のひとり、マルクス・アウレーリスによる哲学書。
哲学というと、もうそれだけで脳の一部が、
拒否反応起こしそうですけど、
ごくごく簡単に言うとですね、
哲学とは「考えることを楽しんじゃう学問」なんですよね。
(一般生活に寄与しないので哲学者は無職が多いという説w)

道端の石ころを見つけて、
「この石は何でできているのか?」を考えるのが科学なら、
「この石は、なんでここにあるのか?」を考えるのが哲学。
(まぁ、ボクの思い込みですけど)

ボクがこの哲学書を繰り返し読むのは、
その時の自分の置かれている状況や心持ち、
さらには時代そのものの変化によって、

「心に刺さるポイントがどんどんと新しくなってくる」から。

難しいことはよくわからない。
だけど、「あ、これ」と、不意打ちを食らうような
文章に時々出会う。

これがボクにとっての、読書の醍醐味。




『あたかも一万年生きるかのように行動するな。
 不可避のものが君の上にかかっている。
 生きているうちに、許されている間に、善き人たれ』


 

【7日間ブックチャレンジ】 2days


Day2 ー最も読んでほしい本ー

「輝くわが最晩年」 雫石 とみ 著
 
IMG_1909

ボクのこれまでの人生で、いちばん衝撃の強かった一冊。

作者は極貧農家の出で、小学校卒業後すぐに肉体労働に従事。
上京後も、戦争で夫も三人の子供も失い、天涯孤独に。
その後も日雇い労働者でひとり生計を立て、40代で読み書きを覚え
文筆活動を開始。65歳でこの処女作を発表。

日雇い労働で蓄えた私財を使って「銀の雫文芸賞」を創設し、
自らは、91歳で亡くなるまで、六畳一間のアパートで
暮した彼女の生きてきた社会の底辺、孤独、そして強さ。

内容についてはここで書きませんが、
とにかくひとりでも多くの人に、
読んでほしい。そして知ってほしい。

この一冊を、そして雫石とみという作家のことを。

一生忘れらない一冊です。

 

【7日間ブックチャレンジ】 1days

こんにちわ、ぼくデス。


【7日間ブックチャレンジ】
FBで回ってきました。
読書文化の普及に貢献するため、好きな本を1日1冊、
7日間投稿して、次の人にバトンをつなぐそうですが。
無責任お気楽貴族ですので、どこまでやるかは気分次第。

7日間、続けないかもしれまセン。
バトン回さないかもしれまセン。
先に謝っておきます。すんまセン。
(せめてものお詫びに韻を踏んでみまシタ)

本来はFB上でやるものなんだろうけど、
最近ブログのネタが何もないので、こっちで展開。
FBにもリンクしておきマス。


ちなみにボク、平均1~2日に1冊は読んでるので
絞る為にテーマを決めました。ってわけで。

 

Day1 ー最も長く所持している本ー

「小さい魔女」 オトフリート・プロイスラー著

IMG_1911

日本での初版は1965年。
なので、ボクの持っているのはおそらく第2版。

本当は小学校中学年~の児童書ですが、
ボク、ご幼少の頃からえらく本好きで、
すでに漢字が読めていたので、
小学校入学の時に叔母にこれをもらって以来、
ずっとお気に入りの一冊として
約45年間、ずっと手許においてありマス。

「大泥棒ホッツェンプロッツ」も同じ作者。

今思うと、小学校1年生で、
「ワルプルギスの夜」に憧れていたのは、

ちょっと自分でもひく。

 


シールド

このひと月で、
マスクのゴムだけでも
40mは使い切ってしまって
なんか、変な中毒になりかけておりマス。

こんにちわ、ぼくデス。


なわけで、
飽きただの、布がもうないだのと文句を言いながら
結局、気づけばまたこそこそとマスクを作っておりましたが。
(そうなの、気が付くと勝手に
ネットでゴムやらガーゼやらまた買い込んでるの)

先日、3週間前に頼んでおいたコレが
やっと届きました。
8
んー。
頼んだ頃は都内の感染者が1日100人以上が
ずっと続いている時だったので、
これは必要!と発注したのですガ、
届いた今となっては、4日続けて40人以下。
39県で緊急事態宣言の解除と、
段々と収束に向かって事態が進んでいるような気配。

ここにきて、今更これつけるの大げさ??

っていうか、現実問題として、
これ着けて電車に乗るの、恥ずかしくね?

という問題にぶちあたりまして。


なのですが、自粛ムードが緩み、
電車の中ですでにマスクなしの人を
数人見かけるようになった今こそ、
油断大敵。

ボク、透析してるし、心臓に持病あるし、
後期高齢者とも同居してるし。
やっぱ、かかるとまずいので、勇気を出して
思い切って着けてみました!
会社の中で!
ひとりの時に!
242

・・・・・・ひとりで室内でこれ、意味ないやん。
でも、意外と快適。視界超クリア。


ボク、出社は早朝の最寄駅発の各停で行くので
そんなに混んでいないのですが、

夕方の東西線と西武線は普通に混んでるし、
(帰りの時間は大体みんな一緒だもんね)
ここはひとつ勇気を出して。
・・・でも恥ずかしいっ!

で、結局。


乗りました。電車に。
079

ん?想像してたのと違う。
電車の中、フェイスシールドをつけてるボクを
誰も気に留めてない。(ひとりを除いて)
ドン引きとか全然されてなーい。良かった。

でも、ひとりだけ。
2駅前からずーっとボクを見てるOLさんが。
チラ見じゃなくて、まさにガン見ッ!

やめて。メンタルそんなに強くないの。


あなた女優さん?みたいな、めっちゃ綺麗な人に
ガン見されるって、なにこのプレイ。


「ボク、生まれてからずーっと
これ着けて生きてるんですケド、なにか?」

みたいな、スーパー平静を装いつつ、
なんとか降車駅で降りようとしましたら、
そのOLさんがスッと寄ってきまして、

ヤベっ! 殺られる!(ボクのメンタルが)と
心底怯えましたら


「すみません。
 そのシールドってどこで買えますか?」


・・・・・。
なんや、お前、わかってるやん。
ボクの偉大さが。


ま、そうゆう訳で
ボク今日から堂々とシールド着けて
電車乗ってマス。


みなさまも油断大敵!防疫大事



 
プロフィール

ぴぃ